GMO Searchteria BLOG

GMOサーチテリア株式会社のスタッフでお送りします。


  
公式ツイート
  
業界ニュースツイート

スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP |
WHOLE FOODS MARKETというスーパーマーケット





先日、初めて行ったスーパーマーケットの話です。

このお店はWHOLE FOODS MARKETといい、最初は、1980年にテキサスのオースチンというところで、開業した小さなスーパーだったそうです。



それがいまでは、北米とUKを中心に310店舗展開していて、従業員が62,000人以上、ナスダックに上場、年間約100億ドル以上の売上、株価はこの2年でやや倍程度になっています。



で、どんな特徴があるかというと、CIにも書かれているように、「SELLING THE HIGHEST QUALITY NATURAL & ORGANIC PRODUCTS」とって、自分たちの基準に基づいて、自然食品、オーガニックフード、惣菜、雑貨などを取り揃えているところです。



私がちょっと驚いたのは、こういうコンセプトのお店となると、日本では小さなセレクトショップ的な店を想像しますが、このお店はほとんどスーパーマーケットのような大きさで、店舗においてある商品は、野菜から、シャンプーや歯磨き粉に至るまで、こだわりを持ってセレクトされています。

またここまで短期間で急成長しているのも、コーポレートサイトによると、数々買収を重ねてきたらしいのですが、買収を重ねていろいろな会社が同じ傘のもとでやろうとするときに、やはり重要なのは、拠り所というか企業理念だと思ったところ、サイトを見ると、ちゃーんと「Our Core Values」として、以下の7つがしっかり掲げられていました。

・Selling the Highest Quality Natural and Organic Products Available
・Satisfying and Delighting Our Customers
・Supporting Team Member Happiness and Excellence
・Creating Wealth Through Profits & Growth
・Caring about our Communities & Our Environment
・Creating ongoing win-win partnerships with our suppliers
・Promoting the health of our stakeholders through healthy eating education.

って、「売り手よし ・ 買い手よし ・ 世間よし」の近江商人の三方よしの理念がはいってるんですねー。とても勉強になりました。

---
筆者:@hikaru3

看護師 / 婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学





| @hikaru3 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
世界一のお船





横浜の大桟橋にたまに散歩にいくのですが、桟橋なので、船がよく停泊しています。
そこで、ひときわ大きな船だなーと思ってみてみると、それが日本で一番大きい客船の「飛鳥?」という外航クルーズ客船でした。

姿はこんな感じ↓



4〜5階建ての建物が船に乗っかったような感じになっています。
大きさは、全長:240.96 m、全幅:29.6 m、総トン数:50,142トンで、乗客数は最大940名だそうです。
これでも間近でみると、結構大きい感じがするのですが、じゃあ世界で一番大きい船はどんなんだろうと調べたら、2009年に就航した、「オアシス・オブ・ザ・シーズ Oasis of the Seas」という船でした。

写真はこちら。



これが全景。



船の中央部の吹き抜けの空間は、とても船上と思えませんね。



工事中の風景。ビルみたいですね。

大きさは、全長:361m、全幅:63m、総トン数:220,000 トンで、乗客数は最大5,400名だそうです。全長は、東京タワーを横に倒しても足りないですね。すごいです。

船内に豊富な娯楽やサービスが充実していると、従来の移動の手段としての乗船が目的になってしまいますね。で、楽しんでいることが陸の上とそんなに変わらなければ、なんで海の上で? となりますが、それはそれで商売なんでしょうねえ。


---
筆者:@hikaru3

婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学



| @hikaru3 | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
松の葉のこと





先日、旅行番組をみていたら、山梨の武田神社の松の葉(三葉の松)が3本で珍しいということをやっていました。



武田神社サイト



そもそも、松はフツーは2本だそうです(はじめて知りました)。



私的には、そういえば、「松は何かトゲトゲしているのあるが、あれが葉っぱだったのか!確かに木だから葉っぱがあるはずだなー」ということと、「葉が2本とか3本とか、種類によっては5本もあるのかー」と後で調べて知りました。へー、そうなんですね。



これまたフツーは、松は常緑樹のなので、紅葉しないのですが、この武田神社の松は、秋になると黄金色になり、落葉するらしいです。




それをお財布に入れておくと、「金運」が上がるというご利益があるそうです。



---
筆者:@hikaru3

婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学



| @hikaru3 | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
横浜珍グルメ





寒さも本格的になってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんなときにはニンニクの効いたアツいラーメンをぐっとイキたいものですね。

きょうは私が好きなお店を紹介します。高級中華レストランの「三陽」です。



場所は横浜の野毛というところにあります。(京浜東北線の桜木町駅から徒歩5分)
知っている人は驚かないと思いますが、お店のファサードがかなりインパクトあります。

これです。



看板のフレーズ
「楊貴妃も腰抜かすギャルのアイドルチンチン麺」
「ジンギスハーンもいきり立つぼくちゃんのアイドルチョメチョメ麺」

など、店主の文才にまずは心を打たれます。

で、店内に入って席に座るまでの数秒間に、
「はい、そこのお二人さん、ギョーザが2、ウチ看板のネギトリ2、ビールが2本でまずどうですか!」
と店主の声。

気弱な私は、数年間、そのリコメンドされたメニュー以外食べることはできませんでした。

店内を見渡すと、5坪ほどの店内の壁には、びっしりと張り紙や芸能人のサインなどで埋め尽くされてており、なかでも店主直筆の張り紙はセンスがあると認めざるを得ないモノになっております。

一度、横浜方面にお越しの際は、リアルに体験していただきたいと思います。面白さに個人差があると思いますが(笑)。

ちなみに、私のオススメは「チンチン麺」です。

webサイトもありますが、かなり激シブで、おそらくインターネット黎明期から開設していると思われます。。


http://homepage3.nifty.com/sanyou34/sanyou-index.html

以上、横浜チングルメでした。


---
筆者:@hikaru3

婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学


| @hikaru3 | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
テクノロジーがスタイルを変えること。【後編】





【前編】からの続きとなります。)


?PCがやってきた。

2004年にscratchliveというソフトウェアが発売されました。



これは革命的(だと個人的には思います 笑)で、デジタル音楽ファイルを、昔ながらのレコードのターンテーブルで操作できるようになりました。一体どういうことなのか?
このyoutubeの動画をご覧ください。

DJ Shiftee Beat Juggling


普通に曲をミックスしている訳ではないので、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、PCの画面の一部とターンテーブル同時に写しだされており、ターンテーブルのレコード盤の操作にあわせて、画面上の音楽ファイルの波形が動いていると思います。

これは、DJブースにあるPCに曲のデータが入っており、左右のターンテーブルはその曲を操作するだけのものなのです。 なので、DJはPCを操作して、左右のターンテーブルにどの曲を流すかを設定するだけ。あとは今までのレコードを扱うように操作するだけです。

これはかなり画期的で、これにより、DJの皆さんは、今まではお仕事などの移動時に大きくて重いレコードを運んでいたのが、scratchliveを使うと、ほぼPCを持ち運ぶだけになってしまいました。

参考:wikipedia / Scratch_Liveについて


?新しい展開へ

さらに、近年では、このように音楽が手軽にデータとして扱えるようになったので、関連した周辺機材がでており、リアルタイムで曲にエフェクトかけたり、サンプリングしたり、様々な工夫が出来るようになっているようです。

詳しくないのですが、イマドキの最新スタイルはこんな感じだと思います。

DMC World DJ Champion LigOne with Serato Scratch Live


さらに、周辺機器の進化で、ターンテーブル自体の存在がなくなっていて、PCのみでDJ するのは今では珍しくありませんが、これは操作するタッチパネルも透けていて、さらにDJプレイ自体が「見せる(魅せる)」ものになっている感があります。

Emulator for Traktor Pro


DJという行為(スタイル)の変遷を前編・後編にわたって書いてきましたが、これらの変遷を見て感じるのは、テクノロジーの発達により、今まででは出来なかったことができるようになる環境が用意されると、それをフルに活用するために、さらにそこで人間は更なる創造性が必要になってくるんですね。

最新のツールを使うこと自体が目的ではなく、それをあくまで道具として使い、いかに新しい想像物を作ることができることが大事だなあと思う今日この頃です。

---
筆者:@hikaru3

婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学



| @hikaru3 | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
テクノロジーがスタイルを変えること。【前編】




最近、Turntable.fmのように、手軽にDJ気分を楽しめるソーシャルサービスがリリースされています。その原型になっている、「ターンテーブル2台とミキサーを使って、音楽を途切れなく流すという形態」が、技術の進化によって、いろいろ変っている様子を、自分の興味も含めておさらいできればと思います。



参考:Twitter以来久々の大物やみつきニューフェース: Turntable.fm(Tech Crunch JAPAN)

?ターンテーブル2台+ミキサーの時代。

レコードを2台のプレーヤーに載せて、ピッチコントローラーという回転数を無段階に調整できる機能を使って、今流れている曲と、次の曲のテンポを合わせて、ミキサーでミックスして曲間に切れ目がないように繋いでいました。
また、この頃から、音楽のジャンルによっては、スクラッチなどのテクニックも開発され、ある意味、楽器としてのターンテーブルに昇華していきます。

参考:タンテーブルの機能を最大限に活用して、様々な音色を出すDJの映像(DMC World 1991)

DMC World 1991 DJ Q-Bert (USA)


0:22あたりから、レコードの穴をズラして別に穴をあけて、そこを軸に楕円状にレコードを回すことによって音色を変えるあたりはクリエイティビティを感じさせます。

※上記のテンポが変えられるピッチコントローラーが付いたタンテーブルは、TechnicsのSL-1200 Mk2 で1979年発売のものが最初のようです。(間違っていたらごめんなさい)


?CDJがやってきた。

そうこうしているうちに、レコード自体の生産が少なくなり、音楽を収納しているパッケージ形態としては、CDが主流となってきます。

参考:音楽ソフト種類別生産数量の推移(一般社団法人 日本レコード協会)

1994年には、レコード同様にCDを使い、テンポを調整出来るようなCDの再生機器(CDJ)がPioneerより発売されました。当初はテンポの調整が出来るくらいで、スクラッチなどはできませんでした。それが2000年代になると、ヴァイナル・モードという、実際にレコードを扱うように円盤に触れて、曲を戻したり、進めたり、スクラッチできるようになっていきます。

参考:PIONEER CDJ歴史(イケベ楽器店さん)



基本的に円盤状のものが付いていますが、それを触りながら操作するイメージですね。ちなみに、このような機器は、PIONEER以外の企業からも販売されています。

後編はコンピューターテクノロジとともに到来した、大きな変化をみたいと思います。
DJの人は、移動時の腰痛から開放されていきます。くわしくはまた!

---

筆者:@hikaru3

婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学


| @hikaru3 | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
うつるんです・・・。





先月、地上アナログ放送がついに終了しましたね。別にコレといって個人的には何がどうのというのも無かったのですが、関連してちょっとお話を。

ウチの茶の間のテレビは地上波デジタル対応なのですが、寝室のテレビは未対応のアナログテレビでした。地デジ化以降、ここしばらく寝室のテレビの電源を入れていなかったのですが、先日、どうせ見れないんだろうと思いながら、ためしに電源をいれてみると、なんとこれが映るんです。



確かに映るんですが、右上に、「デジアナ変換」の文字。妻が「あれー、新しいテレビ買わなくて良かったね!」と言うのですが、ちょっと調べてみると、これはケーブルテレビ事業者が、集合住宅などでケーブルテレビの設備が入っているところ向けに行っているものだそうです。「デジアナ変換」に対応したケーブルテレビ局のエリアでは、7月24日正午以降もアナログテレビでもテレビが見られる場合があるようです。

しかし、これは期間限定の措置であり、大手のジュピターテレコム(J:COM)、ジャパンケーブルネット(JCN)などによると、2015年3月末までの対応とのこと。

ジュピターテレコム

ジャパンケーブルネット

なので、それまでの間に、じっくりとどんなテレビを買うか決めることにしたのでした。



ちゃんちゃん。

---
筆者:@hikaru3


| @hikaru3 | 07:20 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP |
成長祈願神事@関帝廟





先日、横浜中華街の関帝廟で行われた、新生児の成長祈願神事に参加してきました。



関帝廟とは、横浜の中華街にある、三国志でおなじみの、關羽様をおまつりしてあるところで、今年は、その關羽様が横浜に鎮座されてから150年ということで、成長祈願神事も、記念行事の一環として行われたものです。



事前にお願いしていた横浜中華保育園の方々と一緒に関帝廟へ入り、並べられた椅子に子供と一緒に座り、司会の方の説明のあと、祭主さんが神事をつとめられました。
神事が行われている間は、ほぼ中国語で進行し、全然意味が解りませんでした(笑)。ところどころ、一礼をするタイミングで、日本語で解説が入るので、それにしたがって進行していきました。

最初に不思議に思ったのですが、司会の方が「縁結び」の儀式を執り行いますとおっしゃっていたので、「新生児なのにもう縁結びなのかあ、気が早いなあ」などと思っていたら、そういう意味ではなく、後から「關羽様との縁結び」ということで、「god father」になったとのこと。ナルホド。

ただ、関帝廟は線香がガンガンに焚かれているので、ちょっと煙かったですが、いい記念になりました。本人は覚えてないと思いますが・・・。



その後、100年前の記録のとおりに再現されたパレードが行われ、ご神体や関連する神様のお神輿が関帝廟を出て、中華街や、元町商店街をパレードしたらしいのですが、元町商店街の厳島神社にも立ち寄ったらしく100年前からここではボーダーレスな交流があったのかとちょっと驚きました。

---
筆者:@hikaru3


| @hikaru3 | 07:36 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP |
謎の円盤UFO





先日、ディアゴスティーニより、「ジェリー・アンダーソン SF特撮DVDコレクション」という商品が発売されました。



内容は、「サンダーバード」「謎の円盤UFO」「海底大戦争スティングレイ」「キャプテン・スカーレット」「ジョー90」の5つの作品の全話がノーカットで完全収録されているというものです。



個人的には、その5つの中では「サンダーバード」と「謎の円盤UFO」しか見たことが無いのですが(しかも小学生の頃です。おそらく再放送ですね)、特に気になるのが「謎の円盤UFO」のほう。



特撮と未来的で独特な世界観、設定のリアルさにシビれました。例えば、作品中に出てくる宇宙人は大気に直接触れられないので、宇宙服のようなものの中は液体で満たされているとか、地球防衛秘密組織のSHADO(シャドー)はカモフラージュのために映画会社として存在ししているということとか。くすぐられたものです。

で、改めてこのトシになってオープニング映像なぞ見てみると、かなりイケていることが判明。

色々インスパイアされました。

女性のヘアスタイル、衣装、音楽ともに70年代の香りがプンプンする、謎の円盤UFOのオープニングです。



---
筆者:@hikaru3


| @hikaru3 | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
究極のビニール傘





雨がうっとおしい季節になってきましたね。



ブログを書くネタにも困っていたので、そういえば、傘の起源はなんだろうと調べてみると・・・。

Wikipedia / 傘

まあネタ元はここなのですが、ちょっと目を引いたのが、「ビニール傘」でした。

最初は、色落ちに悩まされた綿張りの傘にかぶせるビニールクロスを開発したのが発祥だそうです。なので、傘の上にかぶせていたカバーが、それ自体が傘になったのですね。
今では傘の色落ちなんて考えられず、カバーをかけるなんてピンと来ませんが、そういう時代があったのですね。

また、さらに驚いたのが、上記のビニール傘の発祥となった「ホワイトローズ株式会社」が販売しているビニール傘です。
それは、純度が高く、透明性の高い厚手ビニールを使い、手元に精巧なフェイクバンブーを用いた高級ビニール傘。価格はなんと4,000円だそうです。
社のサイトでは、「究極のビニール傘」として紹介されています。

ホワイトローズ株式会社 / 園遊会特別仕様透明傘”縁結”



こんなのを電車に忘れたら大変ですね・・・。

---
筆者:@hikaru3

| @hikaru3 | 07:34 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP |
ADs
 iTunes Store(Japan)
オススメAPP
IT・ビジネスなどに関する厳選した最新ニュースを毎日お届けします。 無料ですのでマーケットからダウンロード(iPhone / android)して、是非お試しください。




オススメ♪
PROFILE

LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS