GMO Searchteria BLOG

GMOサーチテリア株式会社のスタッフでお送りします。


  
公式ツイート
  
業界ニュースツイート

<< ビジネス用語の落とし穴 | main | 疾走?河口湖日刊スポーツマラソン(11月28日開催) >>
スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP |
写真共有アプリ「Instagram」でポピュラー入りしたけど、何か質問ある?



さて、突然だがInstagram(インスタグラム)をご存知だろうか。ナウでヤングな当ブログ読者でこのサービスを知らない人は少数だと思われるが、個人的にブログのネタにするためにやってみたので、とりあえずしばらくお付き合いいただきたい。読みたくないという人は画面上部の「いいね!」を押してくれればおk。



Instagramは一言でいえば「iPhone向けの写真共有SNSアプリ」だ。アプリを立ち上げて写真を撮る。それを公開して友達に見せることができるというものだ。投稿前にワンタッチで各種エフェクトをかけることができるのが目新しい。そしfacebook、Twitter、Flickr、Foursquareなどのソーシャルメディアに送信することもできるのも今風だ。

このアプリ、AppStoreで公開後わずか1週間で10万ダウンロードを達成するなど驚異的な人気となっている。すでに世界中で使われており、創業者によれば2秒間に1枚の写真が投稿されているほどの盛り上がりだ。

使い方やレビューは山ほどネット上に溢れかえっているので、各自ググってみてほしい。いや、ダウンロードして、アカウント作って、既存SNSと連携させて友達見つけて、写真撮ってアップするだけなんで、ググる必要も普通ないはずだ。というか、スクリーンショットを大量に撮って説明するのが面倒なのでそういうことにさせていただく。

今回のテーマは、Instagramを使ってみて興味深いと感じたポイント。以下5点を紹介したい。




1.写真撮ることが楽しくなる

自分自身でもそうだし、知人にすすめてみてわかったことがある。Instagramを使い出すと、今まで写真に興味がなかった人が狂ったように写真に興味を持つようになるのだ。にわかフォトグラファーが大量発生祭り開催なう、なのだ。



理由はふたつある。まず一点目、写真撮影が下手でも11種類用意されたフィルターをかけることで、なんとなくイイ感じの写真に仕上がること。これが素人の心をくすぐるのだ。おれって写真うまいんじゃない?と勘違いさせるほどに。そして、二点目。スクエアフォーマット、つまり正方形の写真に固定されている仕様が功を奏している。長方形のフォーマットよりも素人には扱いやすく、構図としてそれらしく仕上がるのだ。あたしってセンスありすぎ、自分の才能が怖いわ、と勘違いさせるほどに。この相乗効果で、iPhoneを手に、あらゆる景色、モノを写真の被写体として意識させることに大成功しているのだ。写真がうまくなったような気分になれるというのが画期的だ。そうなると、とにかく写真を取りたい衝動に駆られる。なんであの人が写真撮影しまくってるの?馬鹿なの?死ぬの?と思うほどなのだ。


2.褒められて舞い上がる

Instagramには流行りの「like」ボタンが用意されている。気に入った写真は「いいね!」したり、されたりする仕組みだ。気合を入れて撮影した写真のlike数が伸びると舞い上がりたくなる。アプリ側でlikeや友達フォローの増加を通知してくれるため、意識が自然とそこにいく仕組みになっている。



結果、単純ながらも、ますますイイ写真を撮りたくなるのだ。実際、当社スタッフの写真が確実に、そして急激に上手くなっていくのを見て驚いている。仕事しろよと言いたい。



ちなみに、私が見ている限り、変な写真が一切ないのも素晴らしいことだと思う。もちろん変な写真があれば通報可能な仕組みが用意されているが、基本的にみな写真に対してストイックな感じがする。みんな、暇なの?


3.国境を超えた非言語コミュニケーションに感動する

投稿された写真にはlike以外にもコメントがつけらる。そこで投稿される賛美のコメントがうれしい。日本語だけでなく、英語、中国語、韓国語、他にも読めない言語で賞賛の嵐だ。センスさえあれば、世界中から認められるのだ。いや、ほんとは賞賛ではなくけなされてるのかもしれないけど、アラビア語とか読めないから・・・まぁいいや、都合よく解釈するに限る。

当たり前だが写真は言語や国境を超えて共感を得られるノンバーバルコミュニケーションだ。そんなことをリアルに体感できる経験、そんなにはないだろう。実際、文字でのコミュニケーションを中心としているfacebookやTwitterではこうはいかない。



もちろん、自分の写真を見てもらうだけでなく、海外の見知らぬ景色を鑑賞する喜びもある。積極的に異国の写真をlikeしてコメントを残すのも世界平和に役立つかも知れないし、役立たないかもしれない。


4.Popular入りでハイになる

インスタグラマーの最終ゴールはポピュラーと呼ばれる超絶綺麗な写真を集めたコーナーに掲載されることだ。like数が多いセンスのよい写真が掲載され、そこでは友達以外のユーザーにも見てもらえるチャンスだ。ここで紹介されることで新たな友達フォローも増え、結果さらなるlikeやコメントも激増するポジティブスパイラルが待っている、まさにインスタグラマー憧れの聖地だ。

とにかくポピュラー写真の作品群は素晴らしいものが多い。題材、構図、色彩さまざまな点でさすがだなぁと思う写真が並ぶ。この写真だけを見るだけでも楽しめるクオリティーだ。すさまじい写真を見て、自分の腕のなさを実感して落ち込むのもまた一興だ。



で。当ブログでネタにするに当たり、ポピュラーに入っておかないとInstagramを対象にしたレポートとしては不完全と考え、ポピュラー入りを目指すこととしたのだった。試行錯誤で200枚ほど投稿し続けたのだった。仕事のためとは言え、過酷なチャレンジであったことは言うまでもない。あらゆるモノを如何なるテーマにて撮影するかを考え続けた毎日だった。

・・・そして、この努力は見事報われた。何とかたった1枚ではあるが自分で撮影した写真が念願のポピュラー入りを果たしたのだ。しかし、ポピュラー入りした写真は自分自身としてはまったく気に入ったものではなく、全くもって予想外だった。その写真よりも、もっとクールな写真を撮っているつもりだったのだが、周りの評価と自分の評価がずれていることは、Instagramに限らず世の中の常だね・・・と人生まで考えさせられるすごいアプリなことよ。まぁ、予想外だったとはいえ、初ポピュラー入りした時はさすがにハイになった。あんな達成感を味わったのは久々だ。写真世界のネ申になった気分だった。

現時点でポピュラー入りのロジックや条件らしきものは開示されていないが、ポピュラー入りしている写真の傾向を分析すると、概ね15以上のlikeが勢いよくついた作品が対象ではないかと思われる。もしあなたがポピュラー入りに挑戦するならば、自分の写真を評価してくれる友達を増やして、CoolでNiceな写真をアップし続けるしかない。結局は被写体と向かい合う孤独な闘いなのだ。いや、言ってみただけです。

ポピュラー入りのためのノウハウとして、iPhoneで撮らずに高品質な一眼レフデジカメで撮影した写真をiPhoneに転送してInstagramへアップすることもできる。っていうか、もはや、ポピュラー常連組はそうしているとしか思えないレベルにある。iPhoneで撮影するにしても他のアプリで撮影してフォトレタッチしてからInstagramでアップする人もいる。私の場合、標準カメラアプリのHDR撮影写真を使ったりもした。正直、大人げないなと思いつつ、仕事だから仕方がない。


5.無料なのが嬉しい

そうだ、忘れてた。Instagramはアプリも利用もまったく無料なのだ。今のところ、広告も一切入らない。どうやって稼ぐのかと最初は疑問だったが、今後追加フィルタを有料提供する予定と聞いて納得した。標準フィルタよりバリエーショが増えることに価値を見出す人は多いだろうから、ユーザーを増やしておけばビジネスモデルは成立し得るだろう。



有料フィルタだぁ?と逆切れしているあなた。例えあなたが数百円も払えない貧困生活を強いられているとしても心配はいらない。無料の現状フィルターでも十分楽しめる。っていうか、そんなに貧乏ならiPhone持ってて大丈夫?それより、こんなブログ読んでる場合じゃないと思われる。




まぁ、こんな感じだったのだ。なかなか興味深いでしょ?そうでもないか、はい。

せっかくなのでInstagramの今後の展開について考えてみた。今後のさらなる成長のためには、iPhone以外のスマートフォン、つまりAndroid対応が早急にできるかどうかにかかっているのではないかと思う。あとはもう少しPC画面での対応もきちんとすべきであろう。中の人の頑張りに期待したい。

最後に。

現状で100点とは言わないが、それでもすべてのiPhoneユーザーにオススメできるアプリだ。目に見えるもすべてが被写体になって、世界が変わる。そんな世界観が変わるアプリはなかなかないと思うから。

AppStoreからダウンロードはこちら




以上、拝読感謝。

---
@yoshina
| @yoshina | 07:21 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑TOP |
スポンサーサイト



| - | 07:21 | - | - | ↑TOP |
なるほどなるほど、正方形の妙!確かに!横転も無問題、並べてアートですしね。個人的にはデニムなUIが、自分、ポラロイドカメラなんで、気合入ってないっすよ的な気やすさを醸し出してて好きです。今後については、フォトショの部分ボカシみたいなのができると、ズルできていいなと思います。
| cpmd | 2010/12/16 7:47 AM |
そそ、正方形って実は自由なフレームだと思います。追加フィルタには期待してしまいます。その前に飽きちゃうかもしれませんけどね。(^ ^;)
| yoshina | 2010/12/17 7:23 AM |
インスタをはじめて1週間で
ポピュラー入りを果たして
有頂天になっているものです!笑

likeが15くらいぽんぽんと
つかない間に通知が来ました。

どうやって選んでいるのか
本当に謎ですよね...なんでかな?
| erico | 2011/04/03 12:08 AM |
「あるある」と何度も頷いてしまうほど、インスタグラムについてまとめられた素晴らしい記事ですね。

| サエキタケオ | 2011/12/21 6:37 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/04/18 4:50 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ADs
 iTunes Store(Japan)
オススメAPP
IT・ビジネスなどに関する厳選した最新ニュースを毎日お届けします。 無料ですのでマーケットからダウンロード(iPhone / android)して、是非お試しください。




オススメ♪
PROFILE

LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS