GMO Searchteria BLOG

GMOサーチテリア株式会社のスタッフでお送りします。


  
公式ツイート
  
業界ニュースツイート

<< SMR 第3回 「UMAを追え!!」 | main | モンハンでHR6だけど、何か質問ある? >>
スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP |
本を読む本



皆さんもよく本を読まれていると思いますが、もう少し早く本を読みたい!もっと深く本の内容を理解したい!と思う時はないでしょうか。
そんなとき出会ったのが、この本「本を読む本」です。



まず、読書のレベルは4つに分かれるそうです。
1.初級読書
2.点検読書
3.分析読書
4.シントピカル読書

があり、下へ行くほどレベルの高い読書であると言っています。

初級読書は、この文は何を述べているのか理解できることで、初歩的な読書段階である。点検読書は、この本は何について書かれているのか判別することである。分析読書は、取り組んだ本を完全に自分の血肉と化すまで読み込むことである。シントピカル読書は、同様の本を比較して読み比べることである。これだけの工程を経て1冊の本を読みこなせば、本の内容を深く理解することが可能であると、納得の内容です。

もう1つの課題である読書の速度については点検読書の中で述べられいます。「本は1番初めから読まなければいけない。」そんな固定観念を持っている人は、私を含めて多いと思います。推理小説などは別として、この本では、まず目次→はじめと終わりに目を通して内容をつかんでから読み始めると、内容を推測しながら読めるため読む速度が向上すると述べられていました。確かに街を歩いていても、初めて通る道と一度通った道では圧倒的に歩く速度が違うよなーと妙に納得です。



他にいろいろなエッセンスが盛りだくさんです。本当に私の読み方はあっているか不安に思った方は是非ご一読ください。

---
@skidaisukino1
| @skidaisukino1 | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
スポンサーサイト



| - | 06:54 | - | - | ↑TOP |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ADs
 iTunes Store(Japan)
オススメAPP
IT・ビジネスなどに関する厳選した最新ニュースを毎日お届けします。 無料ですのでマーケットからダウンロード(iPhone / android)して、是非お試しください。




オススメ♪
PROFILE

LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS