GMO Searchteria BLOG

GMOサーチテリア株式会社のスタッフでお送りします。


  
公式ツイート
  
業界ニュースツイート

<< そろそろ秋の季節 | main | チェブラーシカ >>
スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP |
フィン





サーフィンをする上でサーフボードの裏に取り付けるフィンがあるのですが、そのフィンの歴史をたどると、西暦400年頃にサーフィンの原形のようなものが存在していたと考えられているがその頃はフィンのことは考えられることは無く、ただ単に板の上に乗り、波を直進、または横方向へ滑らせるだけの遊び感覚に過ぎなかった。
サーフィンが認知された、1950年代後半。ロングボードにシングルフィンを着ける事が主流となり、流れるようなターンを実現。太く・長く・深くをイメージしたサーフィンが生まれたそうです。

そこで今回はフィンの種類についてお話いたします。

◆シングルフィン(フィンが1本)



一本のフィンをベースとし、基本的に幅が広い板が多い。サイドフィンが無い為、無駄な抵抗が一切なく、直進性が非常に高く、スピードが出るのが特徴。
レールワーク(サイドのレールを深く入れたサーフィン技術)が必要不可欠となり、上級者向けに見られがちなシングルフィンだが、初心者でもサーフィンの原点に戻る練習として使用。
主にボトムtoトップのライン取りがベースとなり、サーフボードを扱う楽しさの体験・練習になる。シングルフィンを操れるサーファーは玄人好みのサーフィンができる人といえる。


◆◆ツインフィン(2本)



センターフィンが無く、サイド2本のフィンが最大の特徴。センターフィンが無いため、垂直へのアプローチがとても難しくなってしまうデメリットが存在し、本格的な試合・コンペティターには向かない。
しかし、小波やゆっくりとした波にはスピードを安定的に保つ事が容易となり、エンジョイサーフする時に使用する場合が多くみられる。


◆◆◆トライフィン(3本)



シングルフィンとツインフィンを総合したシステムこそトライフィン。垂直性・機動性・安定性はNO.1とされ、全世界で最も主流とされているスタンダードな形式。
サイド・中心にあるフィンのお陰で、安定性が生み出され、初心者の方や一般の人は、このフィンの形を良く目にするだろう。
初級者から上級者、全てにマッチするとても優れたセッティングであり、まずはトライフィンを愛用するのが基本中の基本


◆◆◆◆クワッドフィン(4本)



ツインフィンをさらに強化したシステムがクラッドフィン。4本を軸に形成され、トライフィンに近づけた構造となっている。センターフィンは無いが、内側2本がセンターフィンの役割を果たしてくれる為、とても動かしやすくなる。
スピードの限界地点がトライフィンより引き伸ばされるため、サーフボードを扱う事が容易になる。

自分のスキルに合ったボードやフィンを使用することでスキルアップにつながったり、違う感覚でサーフィンを楽しむ事が出来ます。

次回はまた別のものを紹介したいと思います。


---
筆者:@7surfin

婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学


| @7surfing | 07:44 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP |
スポンサーサイト



| - | 07:44 | - | - | ↑TOP |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/06/11 2:16 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ADs
 iTunes Store(Japan)
オススメAPP
IT・ビジネスなどに関する厳選した最新ニュースを毎日お届けします。 無料ですのでマーケットからダウンロード(iPhone / android)して、是非お試しください。




オススメ♪
PROFILE

LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS