GMO Searchteria BLOG

GMOサーチテリア株式会社のスタッフでお送りします。


  
公式ツイート
  
業界ニュースツイート

<< 夜間セラピー | main | WHOLE FOODS MARKETというスーパーマーケット >>
スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP |
明日は節分です!





暦の上ではもう春になるそうです。と、いうことで、今回は節分の豆知識。

各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)を「節分」と言うそうで、本来は季節を分けることを意味しています。江戸時代以降は立春の前日を指す場合が多く、現在はこれが定着してるみたいです。これが現在の「節分」。なので、常に2月3日ではなく、閏年の場合は変わるそうです。立春の前日、と覚えておいたほうがいいですね。
起源は平安時代までさかのぼると言われていて、豆をまいて邪気払いをする行事は室町時代以降の風習だそうです。



子供のころに、鬼の仮面をかぶった大人や親相手に豆をぶつけたなあ、なんて記憶がある人もいるかと思いますが、節分ではいくつかのお決まり事があります。
まず、豆まき。豆は「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることで邪気払いをし、1年の無病息災を願います。いやー「魔滅」とは驚き。



使う豆も決まってるらしいです。お払いを行った炒った大豆(炒り豆なのは旧年の厄災を負って捨てられるものであるため、撒いた豆から芽が出ないようにという意味があるとか)を使用し、地域によっては落花生をまくところもあります。最近ではスーパーなどで袋入りの福豆を買うのが主流だと思います。むしろ、ちゃんとまく家庭があるのか・・・。掃除が大変だし。
豆をまくときには掛け声をかけます。有名な「鬼は外、福は内」です。これは地域によって違うそうです。豆をまく人も、厄年の人や年男・年女、一家の主など、地域によって違います。
年齢(数え年)の数だけ豆を食べるとも言われていますが、これもまかれた豆を食べるのが正しいらしい。今まで袋から食べてたなあ。と、いうか、邪気払いとして鬼にぶつけた豆なんだから厄災を負っているはずで、それを食べるとはいかに・・・。
自分の年齢より1つ多く食べると、体が丈夫になって風邪をひかないという習わしもあります。



豆のほかに、食べ物としては「恵方巻」があります。節分に食べると縁起がいいとされる太巻きで、大阪を中心とした風習だそうです。恵方巻は商業的催事として、20世紀後半からメジャーになってきました。バレンタインと同じで、メーカーの陰謀(!)?
節分の夜にその年の恵方に向かって目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら太巻きをまる齧りするのが習わしです。現在では太巻きだけではなく、円柱状ならいいんじゃない?的な感じで、ロールケーキなども出ています。

他にも、節分当日の夕暮れに、柊の枝に鰯の頭を刺したものを戸口に立てておいたりします。現在は、これをやってる家はほとんど無い気がしますが。これは魔よけだそうです。

豆の後片付けを考えると面倒ですが、恵方巻くらいは今年やってみようかなあと思いました。

---
筆者:@yanagi_ho

看護師 / 婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学






| @yanagi_ho | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
スポンサーサイト



| - | 09:06 | - | - | ↑TOP |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ADs
 iTunes Store(Japan)
オススメAPP
IT・ビジネスなどに関する厳選した最新ニュースを毎日お届けします。 無料ですのでマーケットからダウンロード(iPhone / android)して、是非お試しください。




オススメ♪
PROFILE

LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS