GMO Searchteria BLOG

GMOサーチテリア株式会社のスタッフでお送りします。


  
公式ツイート
  
業界ニュースツイート

<< 育ち | main | 一番星✰✰✰ >>
スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP |
人間を超えた?コンピュータ将棋ソフト「ボンクラーズ」





コンピュータ将棋vsプロの近況についてお伝えする。

2012年1月14日に将棋の元名人で永世棋聖の米長邦雄氏(日本将棋連盟会長)と、コンピューター将棋ソフトの「ボンクラーズ」の対戦が行われた。
結果はコンピューターソフトが勝利し、公式対局で元男性棋士がコンピューターソフトに敗れるのは初めてとのことで話題になった。



ボンクラーズ」は2011年5月に開催された第21回世界コンピュータ将棋選手権でも優勝し、現在最強のソフトと言われている。
今回の対戦では富士通のブレードサーバー6台をクラスタリングし、1秒間に1800万手を読むという驚異のパワーで米長永世棋聖を圧倒したとのこと。

【米長永世棋聖を下した将棋ソフト「ボンクラーズ」の計算力 :日本経済新聞】


上記の記事にも記述があるが、「ボンクラーズ」はプロレベルのモンスターである。

その強さは強さは将棋ファンが集うインターネット将棋道場「将棋倶楽部24」でのレーディングを見ればうかがい知れる。
将棋倶楽部24では、段位の認定にレーティング方式を採用している。
対局者同士が勝ち負けでレートをやり取りし、一定のレートに達すれば昇級(昇段)する一方で、負け続ければ降級するシステムだ。一般に“アマ強豪”と呼ばれるレベルでも、ここでのレートはR1800(二段)からR2200(四段)程度。R3000(八段)に近い猛者もいるにはいるが、このクラスは「プロが指している」と言われている。

そんな将棋倶楽部24での「ボンクラーズ」のレートはR3300だ。もはや、1手30秒以内の“早指し”ならプロでも負けてしまうレベルである。
しかも、電王戦で使用されたコンピューターは、将棋倶楽部24での対局に使われているものの10倍の性能、その処理能力はもはや想像もつかない。



実は著者もインターネット将棋道場「将棋倶楽部24」の利用者で、2012年の正月に非公式だが「ボンクラーズ」と対戦した経験がある。
最近は見かけないが、2012年の正月頃には米長邦雄氏との対戦前の最終調整のためかよくネットに出現していた。



対戦当事の著者のレートはR2500程度だったが、10戦以上戦って1回も勝てなかった。
同じ人に10連敗するなど経験がないが、恐らく100回やっても1回勝てないだろう。それほど圧倒的な強さを実感した。

記事には「プロレベル」とあるが個人的な所感では既に「プロを超えている」と思われる。

---
筆者:@0nakano

看護師 / 婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学



| @0nakano | 08:18 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP |
スポンサーサイト



| - | 08:18 | - | - | ↑TOP |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/05/12 3:19 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2019/01/21 7:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ADs
 iTunes Store(Japan)
オススメAPP
IT・ビジネスなどに関する厳選した最新ニュースを毎日お届けします。 無料ですのでマーケットからダウンロード(iPhone / android)して、是非お試しください。




オススメ♪
PROFILE

LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS