GMO Searchteria BLOG

GMOサーチテリア株式会社のスタッフでお送りします。


  
公式ツイート
  
業界ニュースツイート

<< 避けて通れないキャラクター? | main | ぼく、むくよ! >>
スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP |
ツタンカーメン展





上野の森美術館で今年8月4日から展示されてるツタンカーメン、見てきました。



前回、実物が日本にきたのは約47年前(生まれる前)との事なので、今回を逃すと、次回は死後になりそうな気がします。

ここだけの話、平日に行ったので、混雑してないと高を括っていたら、入場チケットとは別に、入場時に整理券が必要なぐらい人が並んでいること。

9時半開場ところ、11時過ぎに到着したのである程度の人は予想していたのですが、まさかの1時間以上待ち(数百人程度)になるとは想定外。これには、かなり驚きました。

仕方なく、並んで入場するものの、混雑具合のせいか流れ作業的な雰囲気でとても、ゆっくり見てられない。もち、展内は撮影禁止。

さて、ここで重要な事がある。ツタンカーメンといえば、皆さんは何を想像するだろう。私が真っ先に思い浮ぶのは、やはり「黄金のマスク」。他にも「黄金のカノポス」や「黄金の首飾り」などの様々な遺品があるが、やはりインパクトは「黄金のマスク」が一番だと思う。

だが、今回の展示会では、実は展示されていない。そもそも、エジプトの法律で国外への持ち出しは禁止されているとの事。入り口の看板にもしっかりと、展示されていない旨が記載されている。

これには、事前調査をしてなかった分、ガッカリ感が大きかった。帰宅後、ネットで検索してみると、以外にも同じ思いをした人は多いようだ。

だが、それを差し引いてもチュウヤ(ツタンカーメンの曾祖母)の人型棺やツタンカーメンの棺型カノポス容器(防腐処理した内臓が収められた容器)などは黄金で輝き、見てるだけでも圧巻される。実物を見ておいて損はないと思う。

そんな貴重な展示物だからこそ、ゆっくり見たいとの思いもあったのだが、実際には1時間足らずで退場した。というか、させられた。感じですが。

来年の1月20日まで展示しているそうなので、これから行こうかなと考えている方はまず公式サイトを見てから、行くことをお奨めしたい。



混雑状況や、入り口付近のライブ画像、Twitterなど来場者向けの情報も随時配信しているので、当日は有用になると思われる。

特に、黄金好きな方には、是非3300万年前と変わらぬ輝きを浴びていただきたい。


---
筆者:@bishamon_



看護師 / 婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学

| @bishamon_ | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
スポンサーサイト



| - | 07:00 | - | - | ↑TOP |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ADs
 iTunes Store(Japan)
オススメAPP
IT・ビジネスなどに関する厳選した最新ニュースを毎日お届けします。 無料ですのでマーケットからダウンロード(iPhone / android)して、是非お試しください。




オススメ♪
PROFILE

LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS