GMO Searchteria BLOG

GMOサーチテリア株式会社のスタッフでお送りします。


  
公式ツイート
  
業界ニュースツイート

<< ラクラク鼻づまり解消法! | main | 第一回富士山マラソン >>
スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP |
時代が変わった





2012年、GoogleはAndroid4.0以降を主流とし、アップルはiOS6搭載のiPhone5やiPadを発売、そして先月末、マイクロソフトはWindows8を発売した。



だが、ふと思う。数十年前にも、似たような状況があり、実は今回もその繰り返しではないかと。

それは、日本ではNECのPC-9800シリーズが普及し、IBMは自社製品の「IBM PC/2」を対象にDOS/Vを発売し、アップルも「マッキントッシュ・クラシック」を発売した1990年代の頃とだ。

当時よりアップルは基本的にハードウェアメーカーであり、マッキントッシュ・クラシックが売れたのも、その見た目とインターフェイスが斬新的だったからだと思う。

IBMもハードウェアメーカーだが、その製品に搭載されているOSは、マイクロソフトが共同開発していた。が、Windowsのヒットもあり、契約終了後は、ソフトウェアメーカーとしてマイクロソフトが急成長していくことになる。

一方国内で圧倒的シェアを誇っていたNECのPC-9800シリーズだがDOS/V、Windows3.1のヒットにより、今まで圧倒的に優位だった「日本語の表示」のデメリットが無くなり、IBM PC/AT互換機に押され、2003年には完全撤退する。

当時、アップルがGUIを取り入れ業界を牽引したように、現在はスマードフォンの牽引役になったのは間違いないと思う。

対して当時のIBM+MSのように、普及を目指したSAMSUNG、LG、HTC+GoogleのAndroid。そして、独自路線を走っていたNECのような、現在のマイクロソフト。

如何だろうか。

90年代初頭の頃、今で言うIT業界で働いてた方には、想像がつくかもしれないが生まれてすらいない世代の方々の事を考えると、教科書にチラッとでてくる昔話であり、想像すらできないのかも知れない。

もしも、歴史が繰り返されるのであれば、次のイノベーションが起るまでは、Googleの1人勝ちになるかも知れない。

今は、世界的にも不況と言われ、長いものには巻かれているほうが安定してて良いのかもしれない。だが、ユーザーは常に求めている。

次のイノベーションはよ!!と。

---
筆者:@bishamon_



看護師 / 婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学


| @bishamon_ | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
スポンサーサイト



| - | 07:21 | - | - | ↑TOP |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ADs
 iTunes Store(Japan)
オススメAPP
IT・ビジネスなどに関する厳選した最新ニュースを毎日お届けします。 無料ですのでマーケットからダウンロード(iPhone / android)して、是非お試しください。




オススメ♪
PROFILE

LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS