GMO Searchteria BLOG

GMOサーチテリア株式会社のスタッフでお送りします。


  
公式ツイート
  
業界ニュースツイート

<< 火星のロマン | main | 悪徳商法にご注意 >>
スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP |
TEDxTokyo 2013見てきたけど質問ある?





かなり昔にTEDについて記事を書いたが、今回再びTEDの紹介をしたい。



僕は毎日TED動画を見ているのだが、娘が学校で「うちのパパ、毎日TED見てる」という話をして周りの女子高生をどん引きさせたというエピソードがある。しかしそっちのtedではない。TED: Ideas worth spreadingTEDの話である。さすがにクマの映画を毎日2時間見るほど暇ではない。

最近はネットに限らずテレビ番組「Eテレ スーパープレゼンテーション|」として放映されているので見た事がある人もいるのではないだろうか。

そんなTEDが今年も「TEDxTokyo 2013」として東京で開催される。


http://www.tedxtokyo.com/

クマじゃない方の「TED」って何?という人はまず以下を見て欲しい。



TEDとは
TED (テッド)という名称は、テクノロジー、エンターテインメント、デザインが一体となって未来を形作るという考えに由来します。1984年に米国で始まり、近年は米国カリフォルニア州ロングビーチのTEDカンファレンス(春)と、英国エジンバラのTEDグローバル(夏)がTEDの2大イベントとして定着。1,400本以上のプレゼンテーションを収録した「TEDトークス」が無料公開され、「広める価値のあるアイデア」を世界中で共有しています。

TEDx(テデックス)
TEDの精神である「広める価値のあるアイデア」を共有するために世界各地で生まれているコミュニティー。TEDxTokyo(テデックス・トーキョー)は、世界で2番目、米国以外では最初のTEDxとして、近年のTEDxムーブメントを先導してきました。2009年に東京お台場の日本科学未来館で第1回のカンファレンスを開催し、2012年からは会場を渋谷ヒカリエに移して独自のコミュニティーを拡大しています。

TEDxTokyoへの参加はスピーカー、オーディエンス、ボランティア、パートナーなどの形態がある。今回僕はオーディエンスとして参加を希望した。去年は娘に行かせていたので今年こそ自分が行こうと思ったからでもあるし、そもそもプレゼン能力に自信がないし、スポンサードする財力もないし、ボランティアをする時間もそれほど確保できそうになかったからだ。

公式サイトのフォームから応募をして連絡を待った。結果は落選であった。オーディエンスは招待400名の狭き門である。応募フォームには、世界を変えることへの取組みについて書かねばならない等、それなりに準備が必要だったのだが、知らずに何も準備せずに勢いで申し込んだので落ちて当然かもしれない。しかしその後「パブリックビューイング」の応募に申し込んだところ、こちらは運良く当選したのであった。



2013年5月11日(土)9:00〜18:30、渋谷ヒカリエで開催である。初TEDイベントでわくわくする!とか思いつ、朝早く来すぎて誰もいない状況であった。落ち着け自分。



今回の「パブリックビューイング」とは下のフロアで開催されているカンファレンスをリアルタイムにプロジェクターを通して視聴するというものである。プロジェクター越しとは言え、TEDらしく前列はソファーに寝そべって見るし、内装もTEDなアトモスフィアを感じさせる。プレゼン内容自体は実際のカンファレンスとまったく同じである。カンファレンスの司会者、TEDx Tokyo 共同創設者でもあるパトリック・ニュウェル氏も数回パブビュー会場に顔を出してくるなど、TED気分は十分味わえる。

そもそもカンファレンスの内容は自宅のPCで誰でも見る事ができるものである。わざわざカンファレンスやパブビューに参加する意義は、志の高い参加者と同じ空間で同じ時間を共有して一緒に刺激を受ける事なのだと思う。



1つの発表は5〜15分程度で、内容はプレゼンであったりエンタメであったりする。Technology Entertainment Design=TEDの名の通り、テーマは多岐に渡る。考えさせられるテーマや画期的なアイディアの発表の合間に素晴らしいエンターテインメントなショーを楽しむ趣向で、非常にバランスが良い。この独特なイベントの様子は、実際にオンラインで公開されているTED動画を見ていただければわかると思う。

なおパブビュー会場内では字幕・同時通訳なし。それどころかカンファレンス会場で日本語のプレゼンまでパブビュー会場では英語に翻訳されたものが流れる。否応無しに英語三昧であった。

また会場内でTEDxTokyo のステージを再現してTED の精神である「Ideas Worth Spreading(広める価値のあるアイデア)」を参加者で共有するという演出もあった。具体的には参加者の中から希望者5名が、一人1分以内でその場でTEDトークするというものである。前振りなしでTEDトークなんてハードル高過ぎである。僕自身は、世の中を良くするために広めるべきアイディアを残念ながら持っていなかったため手を挙げられなかった。希望した若者5名が未来を語っていたのを見て圧倒された。みんなすごいな・・・。

帰宅後に、自分の立場で世の中に伝えるべきアイディアを考えてみたものの、画期的かつ具体的なものは思いつかなかった。一つ考えたのは、「未来を変えるための良いアイディアの宝庫「TED」を広めることに貢献すること」であった。これなら自分で今すぐ出来そうであるし、やるべきであると思えた。(それ故こんなブログを書いているのだ。)



最後に参加料金について。TEDxTokyo 2013パブリックビューイングは無料であった。USのTEDの講演会に出席するには年会費7,500ドルが必要なのに、TEDxはタダというのは予想外であった。これはTEDの精神やコンセプトに賛同するパートナー企業各社のご協力によって運営されているためである。ありがたい話である。もちろん、パートナーの皆さんだけでなく、スピーカー、ボランティアの皆さんにも感謝したい。

感想としては、毎日通勤時に見ているスマホを通してのTEDとは全く異なる体験であった。世の中対して自分が何ができるのかを考えるきっかけを与えてくれてありがとう。参加して本当に良かったと思う。

ということでまた来年も参加したい。招待されればだが。(^-^;)

以上宜しくお願いします。

---
筆者:@yoshina



看護師 / 婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学

| @yoshina | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
スポンサーサイト



| - | 10:18 | - | - | ↑TOP |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ADs
 iTunes Store(Japan)
オススメAPP
IT・ビジネスなどに関する厳選した最新ニュースを毎日お届けします。 無料ですのでマーケットからダウンロード(iPhone / android)して、是非お試しください。




オススメ♪
PROFILE

LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS