GMO Searchteria BLOG

GMOサーチテリア株式会社のスタッフでお送りします。


  
公式ツイート
  
業界ニュースツイート

<< 山形探訪 前編 | main | アイソン彗星 >>
スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP |
山形探訪 後編






翌朝、遅めに出発。朝飯は漁港で食おうということで酒田漁港へ。漁港に隣接された「みなと市場」に。

1Fは土産物の海産物と食堂兼土産物の海産物屋が数件。2Fにある日本海を眺めつつメシがくえる食堂へ。

時すでに遅し!!あまりにも遅く来すぎたせいで朝の時間が終わってやがる。

悩みつつも他に食べる選択肢がないので1Fの小松鮪専門店へ。とりあえず、看板メニューっぽい山鉾丼を注文。

IMG_0216山鉾丼

なんか凄いのが来るwww

デカめの丼に名前の通り山鉾(ヤマボコ)のようにもられた魚介!!
しかも丼の下には保冷のためなのか演出なのか、ドライアイスが敷き詰められている。

もうもうと出る煙はまさしく雲。そして雲をつらぬき、そびえ立つ山鉾。

食う、ひたすら食う。おそらく米は2合〜2.5号、そして食っても食っても減らない刺身とネギトロ!!朝から食うには少しヘビーでした。

ちなみに、メニュー以外にも普通にその場で食える感じの刺身があったのでエンガワの刺身を食いまくりだったり。
日本海眺めながらは食えないけど味、量、価格で小松鮪専門店のがいいかも。

生臭を食った足で即身仏を見に「海向寺」へ。ここは常時、即身仏を公開しているお寺として有名らしい。

案内看板をたよりに海向寺に。問答無用で車のまま境内にたどりつく。

駐車できるスペースは余裕であるが、明確な駐車場は見えないため一旦降りて、寺の人に尋ねる。OKとのこと。

拝観料を払い、見物。適当に勝ってに見物しろとのことかと思ったら、まさかの解説付きで非常にお得。人間の信仰心の凄さやらを感じつつ見物。

即身仏になるためには修行し五穀断ちをし、さらに十穀断ちを行い。木の実だけで生活し体の筋肉、脂肪をそぎ落とし、土中に入り餓死するまで経文を唱え。餓死した後は燻製にしてミイラとするそうな。

なお、修行途中ですで体が骨と皮だけになり水に浮くようになるそうな。実に物凄まじいことだ。

解説の人が話してくれた鉄門海上人がこれまた凄い。もと侍で人殺したので出家し、僧侶に。江戸で眼病が流行ったときには自らの目をくりぬき川に投げ、衆生救済を願ったり。

女人禁制の山に入るとき、女に付いてこないよう言ったが。おっかけてきた女に自分の金玉を片方切り取り渡して。これをもってればお前も半分男だ、持ってなさいと渡したそうな。

なお、実際に即身仏の目玉と片方の金玉がないそうな。もらった女は生涯それを大事にしていたそうな。

自分で目玉やら、金玉やら切り取るとか尋常じゃない。信仰心の成せる業なのか実に凄まじい。後で知ったが、この鉄門海上人は有名らしく各地にこの上人の足跡、話が残ってる模様。

土産に即身仏の着ていた着物(着物は1年ごとに着替える)の切れ端のお守りやら購入し出羽三山の月山登るために移動。

あいにくの天気で、さすがに登山は無謀と悟り、目的地を月山から湯殿山へ変更。

IMG_0228湯殿山

湯殿山の大鳥居までは車で、そこから本宮まで専用のバスが出てるのバスで移動。

湯殿山は名前の通り温泉の湧き出る山で、ご神体の上に上れる稀有な神社。湯殿山に関しては行けば分ると語られるのみだが、まあ実際に行けば分るもんです。本宮の中の通路はお湯が流れており裸足、無言で参拝するのが慣わし。

普通の神社とは違い、自然の凄さ、人間の信仰の凄さが感じられる良い神社なので気が向いたら行くことをおすすめ。

IMG_0223湯殿山

参拝を済まし、本宮にある無料の足湯を楽しんで下山。本宮から大鳥居まで帰りもバスで行こうかと思ったが。雨も上がり良い具合の山並みやら途中に奉られてる神々を見物しつつ下山。

IMG_0220湯殿山本宮休憩所

大鳥居のある場所は観光向けの休憩所になっており食事に。玉こんにゃくやら、流し蕎麦(流しソーメンの蕎麦版)を楽しみ今回来れなかった、おっさんのために嫌がらせの土産に六角棒やらを購入し移動。

山形の観光名所の立石寺(通称:山寺)へ移動。すでに夕刻になりつつあり、土産物屋の半分くらいが閉まってるがとりあえず寺に。

IMG_0231立石寺

本堂の石段前には、この先1000余段との看板ががが。およそ40〜50F建てのビルを上るくらいか?

IMG_0233立石寺本堂

本堂でお参りし、ついでに宝物殿を見物。有料の宝物殿にはちょっと珍しい絵巻物やらが展示されていたが、知識なしで見ても楽しくないかも。個人的には良いものが見れたので満足。

IMG_0236立石寺

土産物屋の客引きを無視し山門へ。

IMG_0241立石寺

上る、とりあえず上る。おっさんになってるおかげで、ひーひー言いながら上る。

IMG_0246立石寺

100mを超える木々が鬱蒼と茂っており、なかなかの風情。

IMG_0256立石寺眺望

山寺一の見晴らしと評判の五大堂からの眺望は非常に気分のいいものである。山形随一の観光名所と言われてるだけはあるかもしれない。

IMG_0255立石寺眺望

ロープウェーとか昇降装置あれば最高なんだが。上るのも修行のうちだそうで、今後も期待できないんだろうなw

立石寺を後に米沢に。ホテルにチェックインし、ホテルの観光パンフをあさる。

目的は無論、米沢牛!!パンフで選んだあとに一応ホテルの人にオススメを聞いてみる。

パンフで選んだ場所とオススメが一致したので、いざ肉へ!!

選んだ場所は金剛閣

セット+追加肉を頼む。追加肉はグラム単位で追加できて良い具合。

サーロイン、シャトーブリアンが美味い!!
日本人に生まれてよかった!!和牛最高!!さすがA5ランク和牛!!

存分に肉を食い、例のごとく盛り場探訪へ。

なんじゃ、こりゃあ!!酒田同様、ちっこいスナックだらけ!!ホテルでパンフもらったの見たがスナックだらけ。いや、ホテルでそういうパンフ配るのってどうよw

アーイェーでオーイェーな店も見つかりそうもなく、見つかったところで山寺のおかげで筋肉痛なので楽しめるわけもなく散歩してホテルに戻り、翌朝東京に帰還。

帰りも4〜5時間かかるために途中休憩のみで東京に無事帰還。

山形はなんというか、何もなく山と肉と魚があるのみw
山やら寺やらを楽しめる人にはオススメの場所かもしんないです。


---
筆者:@hujimasa



看護師 / 婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学


| @hujimasa | 10:48 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP |
スポンサーサイト



| - | 10:48 | - | - | ↑TOP |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/06/13 10:36 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ADs
 iTunes Store(Japan)
オススメAPP
IT・ビジネスなどに関する厳選した最新ニュースを毎日お届けします。 無料ですのでマーケットからダウンロード(iPhone / android)して、是非お試しください。




オススメ♪
PROFILE

LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS