GMO Searchteria BLOG

GMOサーチテリア株式会社のスタッフでお送りします。


  
公式ツイート
  
業界ニュースツイート

<< アドテクノロジーのイベントに参加してきました | main | 【NY最強】ウルフギャング・ステーキハウス六本木行ってきたけど質問ある?【熟成肉】(3/3追記あり) >>
スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP |
去年一番面白かった本





ウェブ×ソーシャル×アメリカ <全球時代>の構想力 (講談社現代新書): 池田 純一



去年読んだ本で圧倒的に一番面白かった。

ウェブカルチャーな話題が密度濃くみっちり。アメリカの歴史から振り返った上で、今のウェブが「なぜ、Google、Apple、Facebook、Twitterがなぜアメリカで生まれたのか?」を分析しています。

面白いけど、とにかく読み進めなかった。内容濃すぎ。でも面白かった。ウェブカルチャー好きの人には絶対読んでもらいたいです。

以下書き抜き。

インターネットは1965年頃構想され、95年頃に民間利用へ。30年=ジェネレーションの変化の厚み。

書かれた情報の共有性という点で領土性より公用語の共通性がより意味を持つ時代になりつつある。この点で英語圏諸国はウェブを通じてバーチャルに国境を超えて人々を組織する手段を手に入れたといってもいいかもしれない。

顕名と匿名の対比から考えると、Facebookはバーチャル国家でTwitterはソーシャルメディア。

ソーシャルメディアは単なる情報掲示板ではなく解釈を促すことで行動に繋がる要素が強調される。

「マネタイズ」を単に「儲けを出す」という結果だけを示す言葉としてつかうのはマネタイズという言葉を矮小化している。マネタイズで大事なのは「人々がこれは大事だと感じる」何かを生み出すことであり、その賛同票をえること。価値を経済的に支え、再生産可能な方法にするため頭を捻る事が大事。

ファストX。ファブレス企業の存在意義は商品の企画力と販売力に集中する。顧客の意向をいかにして汲み取り、顧客の思考をいかに現実的な範囲で水路付けるか。

イノベーションの継続には具体的な問題とその解決による需要の見通しが不可欠の要素となる。イノベーションが単なる技術の開発や発明と異なるのは、社会経済の現場で解決しなければならない問題を具体的に認識できるかにかかっている。


---
筆者:@searchteriak



看護師 / 婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学


| @searchteriak | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
スポンサーサイト



| - | 17:54 | - | - | ↑TOP |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ADs
 iTunes Store(Japan)
オススメAPP
IT・ビジネスなどに関する厳選した最新ニュースを毎日お届けします。 無料ですのでマーケットからダウンロード(iPhone / android)して、是非お試しください。




オススメ♪
PROFILE

LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS