GMO Searchteria BLOG

GMOサーチテリア株式会社のスタッフでお送りします。


  
公式ツイート
  
業界ニュースツイート

スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP |
プロ・ゲーマー





昨年4月、アメリカの周辺機器メーカー「Mad Catz」とスポンサー契約を交わし、「プロゲーマー」が誕生した。知る人ぞ知る「梅原大吾」氏である。



「どうなるとプロなの?」と言われてしまえば、今は明確な線引きはない。現在のプロ・ゲーマーは生活基盤が保証されず、大会などで上位入賞による賞金を得られなければ基本、無収入。なら「プロ」とは、実績を残し賞金による収入で、一定以上の生活水準が保てるなら、間違いなく「プロ」だと思う。



「梅原大吾」氏は今回「プロ」になる前より、世界中で無数に開かれるゲーム大会に参加し華やかしい実績を残していた。特に対戦ゲームと呼ばれるジャンルのゲームでは数多くの優勝し賞金も得ている。特に、2004年に開催されたの「Evolution」決勝での出来事は、彼を最も有名にした試合の1つだと思う。

「梅原大吾」氏を一躍有名にしたプレイ「背水の逆転劇」


Wikipedia

そういう意味では、世界的には既にプロ・ゲーマーとしての地位はあったのかも知れない。

その証拠に2010年8月には、8年間にも及ぶ海外での実績を踏まえ「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」として「ギネス・ワールド・レコーズ」に認定され表彰されている。

ただ、日本のプロ解釈が「スポンサーを得て活動している」だった為に今回改めて広く一般に認識されたのだろうと思う。名実共に「プロ・ゲーマー」となった梅原氏の功績は大きく、現在では梅原氏以外の日本人プロ・ゲーマーも認識されつつあるようだ。

今ではベンチャーも珍しくなくなり若くして起業家になる人も多い。だが、起業や会社経営も自己スキルの適正があるなら、ゲームに適正があって、プロ・ゲーマー目指しても良いじゃないだろうか。確証はないが、「生き残る」確立はどちらも大差はないと思っている。

ゲームに限らず、新しい物や価値観、その存在を素直に受け容れることで本当のイノベーションは起こるのではないかなと、今回常々考えさせられた。

否定することは簡単。でもまずは、固定概念に縛られずに、何事も受け容れられる寛容さは、常に持っておきたい。

---

筆者:@bishamon_

婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学



| @bishamon_ | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
トラブル急増。節電ブレーカー





この夏、幸いにも供給電力不足による大規模停電は回避された。昨年に比べ猛暑日および、真夏日が少なかったのが幸いと言えよう。



「電力使用制限令」にて目標値とされた15%の削減が達成された日は、数えるほどしかない。自動車同様、利便性が高く、快適な環境を体験し慣れててしまうと、そこからの脱却は非常に大変であり、難しいのが現状だと思われる。でも、中には真剣に考え、消費電力のピークを抑えようと、俗に言う「節電ブレーカー」を設置された事業者の方も数多くいると思う。でなければ、このような記事になることはないからだ。

MSN/参経ニュース 「節電ブレーカー」リーストラブル多発 原発事故後に急増、集団提訴も検討



この手の製品やサービスは震災後、急に始まった訳ではない。以前からコンビニやパチンコ、病院、学校など電力消費の大きい施設には導入されている。ただ、今回の震災で節電意識が高まったことにより、市場が急に延び始めたのだと思う。

製品/サービスは色々とありすぎる。

・設定したしきい値になると、ブレーカーが動作し、電力供給と止める

・消費電力量(以下、デマンドと略)のレポートのみ定期的に出力される

・デマンドを5分毎に通信回線を経由して監視し、しきい値に達すると、
 警報が鳴ったり連絡がくる


などなど、数えたら切がないほどあるが、どれも最終的にユーザーに指し示す趣旨は一緒で、「ピーク電力を抑え、電力会社との契約を見直すことで、電気量料金を安くでき、節電もできます」という事だろう。

実際、事業形態や業種にあった製品やサービスを導入すれば、間違いなく電気料金は安くなる。「win to win」な関係になるはずなのに、何故リンクのようなトラブルになるのだろうか。原因のひとつは、「電気事業法第42・43条」だと考えている。詳細は省くが、法令に守られた社会構造があり、それに付随しつつサービス展開をしている点にあると思う。

上記の法令上、一定規模の電気設備には、月次、年次で点検を行う義務がある。点検作業には、俗に言う「技術者」に依頼しなくてはならない。この「技術者」とは国家試験である「電気主任技術者試験(通称、電験)」の免許を取得している者だ。しかもこの技術者の登録、変更などには、省庁(現在は経済産業省)に届出が必要となっている。無論、点検作業は無料ではなく、法令点検は設備の規模で金額も決まっており、1人の技術者だけが負担にならないよう担当できる設備の上限もある。実際には、名義者と実作業者が一致せずとも大丈夫で、名義だけ登録している大正生まれの技術者も数多くいる。つまり、「技術者」あっての設備であり、技術者がいなければ書面はおろか、受電もままならい。なので、事業主は、事業開始時に必ずこの技術者を選定する必要に迫られる。懇意な友人などが偶然、資格保有者であれば話は早いのだが、そうは簡単にはいかない場合が多い。そのために事業者と技術者をサポートしている協会が全国にある。

「○○電気○○協会」など、1度は聞いた事があると思う。その保安協会が事業者に対して営業活動をしている場合が多く、「デマンド監視」などの機器契約は、この協会と結ぶ。製品の趣旨のみを懇切丁寧に説明され、書面の申請などのサポートついでに、契約してしまう事業主もいるようだ。中には悪意を持って勧誘し、最終的なユーザーの利益を考慮せず、法外なリース契約を行う違法な業者も存在するようだ。

google「電気保安協会 詐欺」で検索

あまりに多くの検索結果数に驚く人もいるかもしれない。だが、これが実態だと思う。



電気を利用し始めてまだ1世紀強。圧倒的な利便性とそのインフラの拡張で今や生活基盤の大部分が電気に依存しているのは、今回の震災で身にしみた人は多いと思う。だからこそ、今この機会にエネルギーの供給元(原発のOK/NG)だけでなく、その利便性や公共性、料金まで全て見直すべきだと思っている。

どんな業界でも、今までの10年と、これからの10年は同じとは限らないのだから。変化が早ければ尚更、今後を考える事が必要だと、日々感じている。

---
筆者:@bishamon_

婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学



続きを読む >>
| @bishamon_ | 07:34 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP |
萬年ダイエッター





入院時と比べて、約20kgもの大幅な増加である。流石にこれだけ増えると、体は重いし、服が着れない。

そんな訳でダイエットを決意し、どうせなら徹底的にやることにする。それにはまず、現状を知ることが重要。

体重もそうだし、普段の食生活や運動量などを、徹底的に調べてみた。無論ネット検索で。既にダメそうな気配www

いくつかのサイトを見て回ったが、最終的にはこのサイトに登録した。

イートスマート:http://www.eatsmart.jp/



決め手はTVでもお馴染みの服部栄養専門学校校長、服部幸應さんのメッセージ!もあるが、目的でもある食生活や運動量など、総合的に登録や評価がされる所に惹かれた。



6月下旬に登録を済ませ、約10日間、サイトを利用しつつ今までと同じ生活をした所、判明したのは膨大な1日の摂取カロリー量と、運動量の小ささ。1日3,000kcal超えなんて余裕でした、これには本当に反省した。

性格的に最初に頑張り過ぎて、2,3日後には自己満足してしまい、長続きしないタイプなので、徐々に改善することを基本としまずはその第一段階として、摂取カロリーの制限を7月から始めた。

とは言っても実際には毎食の摂取カロリー値を気にするだけ。
サイト上のアドバイスでは

 エネルギー摂取目標量:2,331kcal
 エネルギー消費目標量:2,564kcal

となっており、-233kcalを目標値として表示がされている。が、実際に食べたものの詳細なカロリーは不明なので、大まかに食べたものの分量と平均的なカロリー値を登録した。

兎に角、この目標値を大きく上回ることが無いよう、カロリー感覚を身に着けるのが重要なポイントだと自己解釈して実践してみた。

さて、この約1ヶ月でその成果の程だが、
結果としては、体重-6kg、体脂肪-1.7%と、以外にも良い感じに減量した。

ただ、サイト上では栄養成分表示を事細かく入力することで、栄養素の摂取情報も分析できるようになっているので、今後は更に細かくデータを入力することで、カロリー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリルムの栄養の取バランスにも気をつけ今年残り5ヶ月を頑張る予定。

そして、これだけは信じたくない。

---
筆者:@bishamon_


| @bishamon_ | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
物欲センサー発動 その5





■Eternal HDD Case ZM-VE200



仕事上、様々なLinuxディストリビューションやWindowsの評価版を手にする機会があるが、近年はサイトからダウンロードするISOファイルは、殆どDVD用のものになった。

総務省による「光の道」構想に基づき、2015年頃を100%の普及率を目指しているだけの事はありFTTHのインフラ整備率は9割以上と高水準だ。

だが、ダウンロードしながらメディアに直接ライディングができた言う話は聞いたことが無い。通信回線が良好な状態であれば、実は可能なのかも知れないが、通常は一度ローカルディスクに保存し、保存したファイルをメディアに書き込むという手順を踏むので「ダウンロード時間+メディアへのライティング時間」が掛かる。

そこで、この「ZM-VE200」の出番な訳だ!

製品自体は外付けドライブケースのみで、取り付けるHDDは自前で用意する必要がある。が、逆に言えば取り付けられるHDDを自由に選択できるという強みでもあり、日頃から何かにつけPCパーツを購入し余ってるHDDのある自分にとっては打って付けの製品。

一見すると、どこにでもあるUSB2.0とeSATAの両対応の外付けドライブケースだが最大の特徴は、PCとの接続時に動作モードを切り替える事でUSB-HDDまたは、USB-CDドライブとして認識され、USB-CDドライブは、取り付けたHDD内に保存されているのISOファイルをマウントすることが可能となっている事だろう。そう、つまりはダウンロードしたISOファイルをこのHDDに保存すれば、数秒の操作で、ライティングが完了し直ぐに利用できるのである。



お陰で肝心な時にメディアがなくてコンビニへ買いに行ったり、イレギュラーによるライティングミスで無駄にメディアを消費することも無くなった。また、OSインストールに時も、実際のCD/DVDからコピーするより断然早く、インストール時間も短縮されるし、DVDドライブを搭載していないサーバとか身近にあったりもするので、自分にとっては非常に便利なツールなのは間違いない。

使い方は非常に簡単。ケースにHDDを取り付けしたら、PCのUSBに接続。取り付けたHDDが既にフォーマット済みであれば、即時に使えるようになる。

基本は「デュアル」モードで動作し、PCから見た場合、リムーバブルディスクとCD/DVDドライブの2つが認識される。
モードは外付けケース本体側面にあるジョグスイッチを操作することでその他2つの「HDD」「CD/DVD」モードへ切り替えられる。



仮想ドライブへのISOファイルのマウントもこのジョグスイッチで操作する。HDD内に「_iso」というフォルダを作成し、そのフォルダ内に保存されているファイル名がケース上の液晶に表示される仕組みになってようだ。ただし、ファイル名に日本語などの2バイト文字を使用していると、ファイル表示が文字化けしまうので、この点は注意が必要だろう。数多くある外付けHDD同、兎に角シンプルなので、操作などで戸惑うことは少ないと思う。

不満点を上げるなら2点。電力供給がUSBのみな事と、仮想ドライブ機能を利用できるのはUSB接続時のみと言う事。この手の外付けドライブに共通する問題でもあるが、接続するPCによっては、動作しない場合がある。実際ノートPCに接続した時、4つのポートのうち2つは、ドライブを認識できなかった。恐らくUSB機器への供給電源の問題だろうと思われる。また、eSATA接続時も電力供給の為にUSB接続は必須になる。その際にはUSBケーブルとeSATAケーブルの2本接続する形になるので見た目、スマートではなくなる。特にeSATAケーブルはUSBケーブルほどの柔軟性がないので、ケーブルの取り回しは難儀するかも知れない。



価格は5千円以下と、外付けHDDケースとしては少々高い部類だが、仮想ドライブ機能を考慮すればお手頃とも思える。ただ、他に同じような機能をもったケースが極めて少ない事を考えると、市場的にはニッチすぎるのかもしれない。

だが、KNOPPIXなどのLiveCDを常備するよりは、これ1つあれば、更新の度にメディアにライティングする必要もなくなるし、データも同じディスク内に保存できる。CD/DVDドライブゆえ、特にOSに依存しないのも大きなメリットだと思う。

自分的には、久々にかなり満足度で高い製品でした。
もしも後継機の発売がありえるなら、USB3.0対応になれば文句なし!?

---
筆者:@bishamon_


| @bishamon_ | 06:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
電気を大切にね





7月1日より「電力使用制限令」が発動された。

主な制限内容は以下の通り。
東京都、関東6県、山梨県、静岡県東部は9月22日まで、最大使用電力を昨夏のピークと比べて15%の削減。
東北6県と新潟県は同9日まで、最大使用電力を昨夏のピークと比べて22%の削減。
両地域共に時間帯は平日の午前9時から20時まで、その効力を有する。
とは言っても契約電力が500kW以上の大口需要家のみに対する制限であり、小口需要家や一般家庭などは含まれていない。

しかし政府は、一般家庭でも約15%の節電協力を求めている。それだけ日本は夏場の電力消費量が非常に多いのだ。

そこで今回は常日頃から実施している、我が家の節電策をいくつかご紹介したい。




■蛍光灯




昼間は会社、夜は自宅という一般的な生活リズムな為、帰宅後、まず何をするかと言うと「電気をつける」である。
我が家も、一般家庭では最も多く利用されている、環形(丸形、円形ともいう。ドーナツ状の)2灯式ペンダント型の器具を利用しており、特に最新の高価な器具は利用していない。

だが、器具に2つ設置できる蛍光灯のうち1つは、取り付けすらしていない。常に1つしか利用しない事で節電している。

蛍光灯は、白熱電球やLEDに比べ発光効率は良いが、1980年代頃には既に完成された技術の為、殆ど進歩してない。たとえ、新しい物に買い替えたとしても、その効率の良さから、一時的な節電にはなるかも知れないが、長期的に見れば平均化され僅かしか節電されない。真に節電するには使用量そのものを少なくすると言う基本的節電方法を実施中。


■冷蔵庫



良く「冷蔵」庫は、「長く開けない」「物を詰め込み過ぎない」と言われる。だが「冷凍」庫はちょっと勝手が違う。基本は、ぎゅう詰めでOK。

冷蔵庫のように冷気を循環させる必要が無く、内容物が多ければその分、周りの冷凍物からも効果が得られるので、我が家では空いたスペースにアイスノン等の保冷材や、製氷機で作られた氷そのものをジップロックに入れて保存している。

また、冷蔵庫自体を暖めないことも実は結構重要で、適度な空間が必要とマニュアルに書いてる。特に日本は、狭い住宅事情で隙間に収まるよう設置されやすいが、我が家の冷蔵庫は台所の北側壁にあり、壁と冷蔵庫の間には「壁面収納用の突っ張り付きパーテーション」を設置している。これは換気だけでなく部屋のコンセント事情もあり、このような配置なっている。


■エアコン



我が家は賃貸なので、エアコンも設備の1つとして最初から備わっていた。だが、全部屋に備わっている訳もなく、大部屋用のが取り付けられている訳でもない。

狭い部屋を扇風機で更に狭くしない為にも、シーリングファンを導入してます。天井と蛍光灯の隙間に設置でき、季節を問わず使用でき、冷暖房共に効果大。

体調的に寒さに弱く、寝冷えとか直ぐにする体質なので、最近ではエアコンは基本使わずに夏場はシーリングファン、冬場はオイルヒーター+シーリングファンで過ごしている。




如何でしたでしょうか。僕はこれで数年前から実施し、年間千円以上は節電し、光熱費を節約しております。

最後に、1日でも自宅に戻らない(戻れない)ときは、ブレーカーオフ。交通事故で丸3ヶ月入院という実体験からの最大節電方法。これ最強。

---
筆者:@bishamon_


| @bishamon_ | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
物欲センサー発動 その4





魔法の杖カイミラ



今回購入したのはこれ。いわゆる学習リモコンなのだが、その形状はまさに魔法の杖。

Kymera Magic Wand 魔法の杖「カイミラ」


魔法の杖としてのインターフェイスを優先させている為か、学習できる要素は13個まで。

まずマニュアルを読むと、学習させる前に杖自体の使い方を練習しましょうとの事。

杖自体、最初は練習モードになっており、各動作の入力に成功すると、各動作ごとに割り振られている番号の回数分、杖が震えて何番の動作が入力されたか、わかるようになっている。



マニュアルには13通りの動作が示してあり、まず最初に覚えるのがコレ。

■動作 1, 2
杖を水平にして、ボリュームを捻るように右回転or左回転。
最初なのに、いきなりハマった。回転スピードや大きさなど、色々と試してみるも、どうやっても別の動作になってしまう。どう考えても縦や横に振るほうが簡単だろうと思い、即あきらめ、次の動作を試す。

■動作 3, 4
杖を水平にして、左または、右に振る。

■動作 5, 6
杖を水平にして、上または、下に振る。

■動作 7, 8
杖を水平にして、前に突くまたは、後に引く。

■動作 9
強く大きく振りかぶる。

■動作 10, 11
杖の根元の上部分または横部分を指で1回叩く。

■動作 12, 13
杖の根元の上部分または横部分を指で2回叩く。

他の動作は至って順調。特に問題なく直ぐに入力できるようになるものの、やっぱり動作 1, 2だけは未だに難しい。

が、やっぱり早くに使いたい為、取り合えずTVリコモンを学習させてみる。

そして1点、重要な事に気づく。

それは、普段リモコンを使うとき、殆どの人が「コントロールする機器に狙いをつけてボタンを押す」という事。だが、この杖の場合、「振り終わった時に杖先が機器に向いている」のが最適であり、実際に使ってみると、無意識に動作させる前に杖を機器の向けてしまい、正しく入力できていても、機器が認識していない事が、何度も最初はあった。やはり魔法の杖というだけあって、簡単には使えないという教訓なのか・・・。

そんな慣れが必要だが、慣れると連続入力なども可能となる。

連続入力できるなら波動拳もできるんじゃね?と考え、現役引退済みのPS2を引っ張り出しPS2専用DVDリモコンから「上 下 左 右 ○ × △ □ L1 L2 R1 R2」を学習させ、懐かしの「ハイパーストリートファイターII」をレッツトライ。



キャラクター選択まではウキウキ気分でしたが、実際ゲームが始まるとボコボコ。波動拳なんてとてもでない。というかジャンプすらままならない。そう、何故なら、上下左右は入力できても、右上、左下などの同時入力できないのと、ボタンを押し続けるという入力ができない。その為、斜めにジャンプは勿論のこと、ガードも99.99%できない。こうしてPS2は押入れの中に戻る事と相成りました。

学習リモコンとしては13の要素しか覚えられないのはかなり少ない。しかも入力にコツがいるとなれば、汎用的な使い方はできず、かなり用途限定になってしまう。また、市場価格的に一般的な学習リモコンは3,000円台で購入できるが、このカイミラは6,980円(発売初日価格)と少々高目。機能や使い勝手重視の人には、まずオススメできない。

だが、今ならば、赤外線通信だけでなく、Bluetoothでの操作も可能だったら非常に面白い製品になっていたかも知れない。それこそ、魔法の杖を持ち歩くというスタイルも。何せ魔法の杖なのだから、「何でもできる」という憧れを上手く拾ってくれると良い製品になる可能性は秘めているとは思う。

公式サイト:
The Wand Company - the world's finest magical instruments

株式会社リンクスインターナショナル / 魔法の杖カイミラ

---
筆者:@bishamon_


| @bishamon_ | 06:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
TIGER & BUNNY(略してタイバニ





TIGER & BUNNY見てますか?

TIGER & BUNNY


2011年4月から放送されている低年齢層向けテレビアニメ作品だが、革新的な試みがなされている。実際番組を見ていただければ話は早いのだが、時間がとれない人向けにちょっとご紹介。
近未来、「NEXT」とよばれる特殊能力者が、その能力を武器に、職業としてのヒーローになり、人命救助や事件解決、ボランティア活動などをするというストーリー。

今までにない試みとしては、作中のヒーロー達は(架空の)企業に雇われており、その活動を支援する(実在の)スポンサーがおり、番組放送以前から実際に各企業向けにヒーローたちのスポンサーを募集するという商業展開が行われいる。



そして作中のヒーロー達が身にまとうヒーロースーツには実在する企業、または商品のロゴがペイントされている。更には放送期間中に、そのスポンサーの途中参加、途中交代もありえるらしい。
※既に1社途中参加が決まっているとの噂。



また、プロダクトプレイスメント以外にもテレビ放送では毎回各キャラクターにちなんだタイアップCMが放送されており、スポンサーの1つでもある「Ustream」は番組連動放送もしている。近年デジタル化が急速に進み、CMの為の番組のはずが、全くCMが視聴されない状態となり、深刻さを増している放送業界としては、非常に面白い試みではないだろうか。



テレビアニメの場合、放送終了後もDVDやBDなどのメディアで作品が販売されるのが常であり、場合によってはそこでもスポンサーを募集、追加、変更することも可能ではなかろうか。逆にドラマなどはDVD、BDメディアで販売される事は極少数で、高視聴率番組のみに限られる。演出面など難しい点は多いが、背景セットや構図、小物を工夫することで、取り入れる事は可能ではなかろうか。



さすれば、番組作りにとっても予算が増え、スポンサーとしても広告露出を増やすチャンスだし、露出をコントロールすることで、低価格で始められるなら、TV広告を行ったことの無い企業も参入しやすいと良い事づくめな気がします。浅はかな素人考えなのかもしれまんせんが。

過去にも、エヴァンゲリオンとUCCや、ゲーム「龍が如く」のゲーム内広告など試験的な取り組みは何度かありましたが、なんとかシステム化できれば、新しいマスメディアとして認知されるかもしれません。

今年7月でアナログ放送が終了し、本格的なデジタル放送になり、どう移り代わるのか。
まだまだTVも見逃せないマスの1つなのは間違いなさそう。

---
筆者:@bishamon_


| @bishamon_ | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
物欲センサー発動 その3





セールとか特価という言葉に弱いです。

■Lenovo ミニ・ワイヤレスキーボード N5901



小型キーボードとトラックボールを合わせたインタフェース。製品自体は昨年、発売されていたのだが、キーボード配列が英語配列だった。が今回、日本語配列となって新発売された為、即購入しました。

無線は2.4GHz帯域のありふれた方式で、残念ながらBuletoothではありません。その代わりドライバ要らずで、HIDとして認識され即使える点が良いところ。この辺は、用途によって意見がわかれると思われる。

トラックボール自体は硬いが、フィーリングはとても軽い。片手持ちなどで本体が傾いたぐらいでも、反応しカーソルが動いてしまうほどの軽さ。正確にクリックをするならば、右手親指でボールを固定しつつ左手親指でクリックという操作になると思う。ボールに反して左右のクリックは少々固め。その為、もし片手で操作するならば、親指でボール固定しながらクリックは難度Cの職人技になるのは間違いない。

個人的には、もっと重いフィーリングで多少のブレは補正して欲しい。せめて親指を離して本体が傾いても、カーソルがブレない程に。

キーボード部分は同じようなコンパクトキーボードに比べるとかなり打ちやすい。キー自体の大きさはかなり小さめだが、間違って2個押しとかしない感覚がいい。欲を言えばバックライトがあり、暗がりでもキーを見て入力できると完璧。



そんな完成度の高いキーボードたが、ファンクションキー(F1からF12)までのキーがない。日本語キーボードとはいえ、日本語入力時にファンクションキーを多用している人にはかなり不向きになると思われる。またPC起動時のBIOSセットアップなど、ファンクションキーで操作を行う場面なども困る事に。

そして私的に、かなりデメリットと思えるのが「Ctrl+Alt+Del」キー。一見便利そうに思えるが、1アクションで実行できてしまうため、押し間違えるとかなりビビる。英語版は「Fn」キーとの組み合わせで、このキーが配置されていた為、押し間違いなどは皆無だったのだが。。。

とはいえ、持ち運び可能で、マウスとキーボードが1つのデバイスに統合されているインターフェイスは非常に少ない。その中でこの価格でこの完成度は魅力ある製品であることは間違いないのだが、両手を使うのにも係わらず「できない操作」があるのは非常に残念というしかない。「できない=用途が狭まる」と思うからだ。重さや形状、キー感覚など完成度が高いだけに、今後の発売されるであろう後継機種に期待したい。

---
筆者:@bishamon_


| @bishamon_ | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
物欲センサー発動 その2



新春セールが終わり、2月初旬にかけてお隣の中国は「正月」が始まります。

正月ともなれば、もちろん仕事は休み。その休みを考慮して生産されてはいますが、どうしても在庫不足になる物もあれば、在庫過多になる物もあります。ですが、、実はこの時期こそが狙い目。

日本では3月末の決算セールに続き、新生活セールなどが待ち構えています。特に店舗販売の場合、販売面積を確保する為に冬物や型落ち、展示品などは、新商品の展示面積を狭めるので、場合によっては利益度外視で販売する場合などもあります。

ということで、今回、購入した物品はコレ。

CFD販売 Elixir デスクトップ用メモリ DDR3 T3U1333Q-4G DDR3 PC10660 CL9 4GB3枚セット



円高の影響もあると思いますが、4GBのメモリ3枚組みで1万円を切るという安さ。ちなみに今回勢いで2セット、つまりトータル24GBも購入しました。

買っておいて言うのも何ですが、メモリ24GBとか大容量すぎると思います。一昔のサーバ並みの大容量メモリを2万円弱で、エンドユーザーが環境を構築できる時代がこんなに早く到来するなんて、MZ-1500を始めて触った時は思いもしませんでした。

さて、そんな大容量のメモリがあると、今までの常識が当てはまらない状況もでてきます。

まずは、OSのディスクスワップ領域。メモリが不足した場合、メモリの代わりにOSがデータを事前に確保しておいたHDD領域に退避するのですが、これだけ大容量になればまず不足になません。Adobe社のAfterEffectをかなり使用しても、60%以上はほぼ超えていません。

それに、ディスクスワップファイルは実メモリの1.5倍から2倍ほどをHDD確保するので、24GBメモリの1.5倍もの、使用頻度が低い巨大ファイルを作られても正直、困ります。

次は電源管理。
PCの電源をOFFにするシャットダウンをすればメモリの内容は綺麗さっぱり消えてしまいますが、次回、PCを起動するのに多少時間がかかる為、Windows7ではデスクトップPC向けに「ハイブリッドスリープ」という機能が追加され、推奨されている様です。

電源管理のヘルプから引用すると
開いているすべてのドキュメントとプログラムをメモリとハード ディスクに保存し、作業をすぐに再開できるようにコンピューターを低電力状態にします。こうすることで、突然電源が落ちた場合、Windows ではハード ディスクから作業を復元できます。ハイブリッド スリープが有効にされていると、コンピューターがスリープになる状況では、コンピューターは自動的にハイブリッド スリープになります。デスクトップ コンピューターでは、ハイブリッド スリープは、通常、既定でオンになっています。
との事。

ですが、この機能一見便利なような気もしますが、24GBという大容量メモリを搭載しているPCでは、少々、使いづらい機能だと思っています。

ディスクスワップ同様、24GBものデータをHDDに書き込むのですから、最新のHDDやSSDを使用していてもそれなりに時間が必要になり、結局は本末転倒なのではないかと。。。

今は常識はずれかもしれませんが、やがてそれが常識になるのに、そう時間は掛からないと思います。

10年一昔も既に昔の話。5年でももう古い、対応できないとサポートに言われる、氷河期真っ青な時代が、今まさに到来しているなぁ・・・と、つくづく実感させられる今回の買い物でした。

高度な環境適応能力で過去数回の氷河期を乗り切った人類は、この変化に適応できるのか興味深いところです。


---
@bishamon_
| @bishamon_ | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
物欲センサー発動 その1



新年と言えばお年玉。お年玉といえば物欲。

そんな物欲センサーがキャッチした品物を今回はご紹介したいと思う。

PhotoFast G-Monster Evolution



ここ数年で大きくシェアを伸ばしたSATA対応SSDを1台のRAIDデバイスとして扱う一品。これを利用することで、データの保護およびアクセス速度向上が可能となる。

とはいえ、通常使用するには、基盤むき出しのパッケージや、SSD自体もケースを外すなどPC初心者には敷居の高い製品であり、あくまで自己責任での使用が前提となる、マニア向け製品なのは間違いない。

それ故に、工夫次第では色々な用途が考えられるのが面白いところ。

2009年7月の発売当初の価格は1個22,800円ぐらいでしたが、この1年で価格が大幅に下落し、なんと92%OFFの1個1,864円と驚きの激安価格。見事に物欲センサーが働き即時2個購入。



1つのシリアルATAコネクタに2個HDDを接続でき、古いHDDを再活用にも良いなと妄想を膨らませつつ到着を待つこと3日…。

到着後、即検品も兼ねて試験。で、特にトラブルもなく普通に動いた。当たり前なのだが、ちょっとツマンナイ。

強いて言えばRAIDレベルの変更に専用のソフトウェアが必須で、公式HPからDLし、既存のシステムにインストールをする必要がある。

無論、Evolutionと接続するHDD2個を接続しないと設定は行えない。この辺が自作系デスクトップPCを所有していないと、簡単には利用できない理由だろう。

また、EvolutionとHDDの接続には、工夫が必要でEvolution側のシリアルATAコネクタが非常に間隔が狭く基板上に搭載されておりそのままでは1台しか接続できない。

ただ、これについては、購入前より判明しており、クチコミ情報もあったので、データおよび、電源ケーブルが一体になっている延長ケーブルを利用することで回避した。

その恩恵として、3.5インチのHDDを2台接続することも可能となった。ただ、2.5インチ以下のHDD/SSDは12Vの電源を必要としないので、もしかしたら、12Vが基盤に供給されなくて動かないかも、と考えてはいたが実際にはそんな事もなく、Evolutionを通じてHDDにも12Vが供給されて安定動作した。

ここで俺の中の[PhotoFast]は、信頼度が+10ぐらいアップ。今後も何か面白い商品があれば購入して行きたいと思う。

古いHDDでRAID0で構築しベンチマークしても意味がないと思ったのでパフォーマンスについては省略。

どうせなら、売れ筋のHDDもついでにで!!とも思ったが、これ以上HDDが増えても必要性がないので、あっさりと諦め。今後の購入タイミングがあえば、試したいところではある。

結局は、用途限定のマニア向け製品だが、使い方や環境次第で使えるデバイスなのは間違いない。しかも実売価格2000円以下と一般的なPCI-Express対応の拡張ボードを購入するよりは安い価格帯なのも魅力的。

もし面白い案をお持ちの方は、ご自分で遊んでみるか、レスいただけると代理で試験やっちゃいます!!

---
@bishamon_
| @bishamon_ | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
ADs
 iTunes Store(Japan)
オススメAPP
IT・ビジネスなどに関する厳選した最新ニュースを毎日お届けします。 無料ですのでマーケットからダウンロード(iPhone / android)して、是非お試しください。




オススメ♪
PROFILE

LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS