GMO Searchteria BLOG

GMOサーチテリア株式会社のスタッフでお送りします。


  
公式ツイート
  
業界ニュースツイート

スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP |
「軍艦島」行ってきたけど何か質問ある?





当ブログの廃墟マニア各位、お待たせしました。(待ってないって?)
今回は、長崎市にある端島、通称「軍艦島」について報告したい。

15年ぐらい前にこの島のことを知り、いつか見てこようと思っていた場所だが、やっと数年前に念願かなって行くことが出来た。



詳しくはWikipediaを見てもらえばいいのだが、外見がまるで軍艦に見えることから軍艦島と呼ばれ、かつては海底炭坑に関わる人が暮らしていたけど、今は無人の廃墟となっている人工島である。



小さな島に日本で最初の鉄筋コンクリート造の集合住宅がたてられ、東京以上の人口密度で人が生活していたという。その建物が今は廃墟となり日々朽ち果てていく。

別に軍艦オタでも廃墟オタでも無人島オタでもないのだが(オタだけど)、なぜかこの島の存在を知ってから、気になって仕方なくなったのだ。まぁ、一目惚れしてしまったようなものである。あまり旅行などするタイプではないのだが、とにかくこの目で見たくなったのだ。

しかし、僕が軍艦島のことを知った頃は、上陸は条例で禁止されており、裏技で漁師や海上タクシーに頼んでこっそり上陸するのが一般的であった。廃墟マニアの聖地ゆえ、無法者の上陸体験談は情報はネット上に溢れており、行きたい思いは募るばかりだった。しかし非合法なルートでは、会社経営者としては当然、コンプライアンスの観点で厳しい。そんな度胸もないし。

そして時は過ぎて2009年。長崎市の「端島への立ち入りの制限に関する条例」が変更され、一部エリアについては合法的に上陸可能となったのだった。

これは行けってことだよね?

ということで、軍艦島を見るためだけに長崎に向かった。



合法的に上陸可能になってから少しありがたみが減ってしまった気もするけれど、実際に長崎港から船に揺られて軍艦島を見たときは、鳥肌が立った。外洋なので波の高さは高く完全に船酔いしてしまったけれど、憧れの聖地、軍艦島が現実に!



・・・最高だった。

また行きたいか?と言われると船酔いがいやなのでもういいや(爆)と思うけど、一生の記憶に残る体験だった。行って良かったと思う

ちなみに、年間どのぐらいの人数が訪れるのか調べてみたら、ミュージシャンのプロモーションビデオのロケ地としても使われることが影響し、若者中心に人気がありなんと年間5万人程度が訪れているとのこと。もはや、長崎の新たな観光資源になっているようだ。あまりメジャーになってしまうのも寂しい気もするけどね。

最後に、軍艦島に行った気分になるサイト、軍艦島 Ver 3.0を紹介しておく。昔からのお気に入りサイトなのだけど、今見てもクオリティ十分高い。

では、また。



---
筆者:@yoshina

看護師 / 婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学





| @yoshina | 08:43 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP |
やっぱり車が好き





このブログにおいて、自転車の話ばかりしているので自転車好きに見られる僕だけど、もともと筋金入りの自動車好きだ。

若者の車離れとか言われて久しいけど、僕は子供の頃からずーっと自動車が大好きなのだ。だってかっこいいじゃん、としか言いようがない。去年の年末に開催された東京モーターショーは予想より盛況で、いまだに車は消費者の心を掴んでるなぁと再確認した。



さて。昔を振り返ってみればスーパーカーブームの洗礼を受けて当時の男の子は今時の子供に比べて車への関心が高かった様に思う。僕もその流行に乗って、思いっきり「車大好き少年」に育っていた。スーパーカー消しゴム、ミニカーにはまり、車のプラモデルを作り、休日は車を見に行ったりしてたっけ。当時はエコなんて概念はそこにはなくて、エロチックでエキゾチックな車がたくさんあった。とにかく、かっこ良くて速そうな車に興奮する日々だった。



小学生になってからは電動ラジコンカーで遊ぶようになった。可処分所得のほとんとがタミヤのラジコンパーツに消えて行った気がする。車は速ければ偉いのだ、とひたすらチューンナップに明け暮れていた。シャーシを変えて、モーターを変えて、軽量パーツにリプレイス。速くなったラジコンはコントロールが難しくなってしまうけど、上手く曲がれるとノーマルよりも数段気持ちがいいのだった。



中学、高校時代はさすがに車熱は冷めてはいたものの、大学時代になって再燃。18歳ですぐに免許取得して、初めて自分の車を手にした。行動範囲が広がる自由を手にして、ますます車の魅力に取りつかれた。バイト代はほとんど車のパーツ代へ。腕もないのに峠を駆け抜け、ジムカーナに参加したりと車三昧の学生時代。レースを観戦して興奮しまくてったのが懐かしい。耳をつんざく甲高い排気音がたまらなかった。読む本も自動車雑誌ばかり。毎月10冊以上の車雑誌を購読していたっけ。



社会人になってからは経済力と連動してさらにエスカレート。自動車メーカーへの就職も考えたが、ひとつのメーカーの車しか買えなかったら嫌だし、好きな車が買えるように給料のいい金融機関で働いた。念願かなって好きなメーカーの車を買って、好きな様にいじくることができるようになったのだからたちが悪い。実物大のラジコンのような感覚であらゆるパーツを自分の好みに変えまくった。エクステリア、吸排気系まわり、サスペンション、インテリアすべて手を入れる。筑波サーキット、富士スピードウェイも走った。車が思うように出来上がったら数年で乗り替えて、再び同じことを繰り返す。完全に病気だ。

大人になってからもミニカー、プラモデル、ラジコン、車の書籍のコレクションは増え続けた。我が家の室内には置ききれず専用の倉庫にコレクションを格納しているほど。我ながら呆れるしかない。いまだ、モーターショーのチェックもかかせないし、遊ぶゲームも車ゲームが多い。



280馬力以上のパワフルで速い車にも乗った。オープンカーにも乗った。セダン、クーペ、前輪駆動、後輪駆動、オートマ、マニュアル、右ハンドル、左ハンドル等いろいろ乗ってきた。



いろいろ乗ってみて、わかってきたことがある。それは自分の車の好み。

後輪駆動で高回転型の自然吸気エンジンのマニュアル車。

これが僕にドンピシャだ。単なる個人的な好みの話であって、ショートカットよりポニテがいいと言ってるような話ではあるけれども。

馬力はそんなにいらない。人がたくさん乗れる必要もない。荷物なんて積まない。高級車のような快適さもいらない。ただただ気持ち良く高回転まで回るエンジンとアクセルに連動した排気音、後輪駆動の気持ち良いコーナリング、そしてコーナー手前で自分の好きな様にシフト操作を楽しめればいい。そんな愛車はもはや眺めるだけで萌えることができるし、所有しているだけでも満足感があるのだ、ほんとに。



走りに余計なものはいらないと思う。僕にとって車は趣味であって、道具でも手段でもない。走って楽しいか?それが一番大事なのだ。見て楽しい、所有して楽しいというのはもちろんあるけれど、走って楽しい車がかっこいいのだ。官能的なドライビングプレジャーがないなら運転なんて退屈なだけだし、移動手段としては、事故のリスクがある以上、ネガティブなものだと思う。

地球資源や環境を考えればエコを否定するつもりはない。もちろん燃費はいい方がありがたい。しかしエコなだけではなく、自分の車にはエロさも欲しい。エコじゃない部分が萌えポイントであることも多々ある。

三つ子の魂百まで、いや、馬鹿は死んでも直らない・・・か。幼少期の車への情景は今だにピュアに健在だ。

さて、週末どこか走りに行こうかな。




---
筆者:@yoshina

婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学



| @yoshina | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
今年振り返ってみたら自転車2台買ってたけど狩が忙しいの巻





早いものであっという間に2011年も終わり。このサーチテリアBLOGも今年の更新はこれが最後。

今年1年間、一番変わったのが自分の体重で、10kgは軽く落ちた。脂肪よりも重い筋肉が増えての結果なので、これはすごく良かったなぁと思うのだけど、体重以上に財布も軽くなった。

なんだかんだで、今年だけで2台自転車買ってしまってるんだから。

COLNAGO C40 B-Stay


普段用に入手したこのロードバイクは、普通のドロップハンドルで汎用性の高い一台。

以前紹介した「ふじのくにCYCLE FES. 2011 in 新東名」 の100kmサイクリングも、坂道があるのでこのバイクで参加してきた。これを無事完走できたのも今年の思い出の一つ。

このバイクは買ってからちょいちょい部品を変えているのでまったく飽きないというか、来年もテコ入れするつもりでほんとに愛車という感じがする。乗りやすくて何の文句もない。あとはエンジンというか、自分の体力が問題なだけである。

COLNAGO C45 Krono TT


これは勝負用というか、いや、観賞用か?に買ってしまったTTバイク(タイムトライアルバイク)。横風には弱いけれど、一人で直線を走る場合は、前方からの空気抵抗が少ないのですごく楽で速いというもの。完全に競技用の車体というか、ツールドフランスで走っていたバイクそのものなので、マニアとしては非常に感慨深い一台。お値段は自転車に興味のない人にはとても言える金額ではないけれど、自動車の世界でF1買うには数億円いるんだから、まぁそれを考えるとリーズナブルな気がする。(勘違い)

このバイクは完成しているので、ポジション調整以外に手を入れるところはないけれども、独特なポジションや操作なので、性能を引き出せるように練習しないといけない。

気に入った自転車があるんだから、天気の良い週末は極力体力アップのために乗らなきゃと思うのだ。

  ・
  ・
  ・

でもNintendo 3DS版の「モンスターハンター3G」が登場したので、なかなか自転車乗る暇がないのだ。

1年前もおなじようなことやってる自分がいるけど、「モンハンでHR6だけど、何か質問ある?」・・・これもBLOGネタの仕込みのためなんで、仕方ない。

早くも100万本出荷とすごい勢いで売れているし、PS Vitaと3DSのハードウェアのシェア争いにも大きく影響するビッグタイトルなのでこの話は後日またレポートするかもしれないし、しないかもしれない。

そもそも、まだ今日の時点でハンターランク4、村上位になったばかり。先は長い・・・G級にいつ辿りつけるんだろう?



ということで、どういうわけだか、来年は楽しい一年になりますように。

みなさんもよいお年を。

---
筆者:@yoshina

婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学



| @yoshina | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
「自転車 × iPhone」 アプリ編





さて。前回、iPhoneを自転車に取り付けるところまでレポートしたので、今回はアプリを使ってフル活用する方法をレポートしたい。




■サイクルコンピューター的アプリ

まず最初にスピードや走った距離を表示するアプリは入れておきたい。

イチオシは定番の「BikeMateGPS」。無料版もあるが、有料版のほうがもちろん多機能だし、それほど高いわけでもないので有料版(現在250円)買っとくべき。これは名前の通りまさに自転車乗りのために開発されたアプリ。自転車に乗ったらまずこのアプリを立ち上げてスタート。これだけで走行中のスピード、平均速度、最大速度、走行距離、経過時間、高度、消費カロリー、 ルートがリアルタイムに表示される。

 

まるで簡易サイクルコンピューターだ。 そして走り終わったらデータを保存できる。

 

GPSデータロガーにもなっている。バックグラウンドでも機能しているので、他のアプリを使ったりしても問題ない。非常にオススメのアプリである。

見た目重視であれば「Bike CycloComputer HUD」がいい。現在170円の有料アプリだが、高級時計趣味の人は萌えるはず。ログの記録などはできないが、走行時のデータは細かく表示され、特に方位・傾斜までリアルタイム表示されるのは便利。地図も呼び出せる。

 

RunKeeper」もロガーとしては悪くない。サイクリングだけでなくジョギングなどでも使う場合はむしろこちらの方がいいかもしれない。 こちらは無料で十分。

 


■ 地図・ナビゲーションアプリ

現在位置の把握やナビゲーションに使うアプリも自転車と相性は抜群によい。

アップル純正の「マップ」も、もちろん使える。現在位置の把握やお店を探す時には使い慣れたアプリは便利だ。



僕に場合は3Gの入りが悪い時のために「MapFan for iPhone」も使っている。2,300円と高価な有料アプリだが、オフライン地図としてその価値があると思う。地図のダウンロードがない分画面表示が気持ち良いほど早いし、おまけにバッテリー消費も少ない気がする。音声案内がないのが気になるくらいでナビも出来がいい。

 

あとは「自転車NAVITIME」が有名だろうか 。350円買い切りなので月額費用が発生しないのはいいが、現時点ではそもそものナビゲーション機能が不評であまりオススメはしない。サイクリングロードがルートにないのは期待外れだろう。

 

逆にナビゲーションと地図は表示されないが、シンプルなコンパスの無料アプリ「かならず帰る」もたまに使う。事前に登録しておいた地点の方角を示してくれるだけだが、ナビなしでぶらぶら目的地や自宅に向かう時に面白い。自分の方向感覚が鈍いのがよくわかる。

 

■ 天気アプリ

自転車乗りにオススメなのは何と言っても無料の天気アプリ「東京アメッシュ」。

 

東京都下水道局が公開している降雨情報を見やすくするもので、出先で雨雲の動きをチェックするのにこれにまさるものなし。5分おきに更新される過去の雨の動きを見ながら、雨から逃げて走ったこともある。ただし、東京近辺の人しか使えないのが残念。アメッシュの全国版あったらいいのにと思わずにはいられない。


■その他アプリ

NHKのためしてガッテンによる「計るだけダイエット」という無料アプリも自転車乗りにオススメだ。体重を計ったら入力するとグラフで表示されるだけなのだが、運動したら減るし食べ過ぎれば増えるし、と非常にわかりやすい。

 

実際、ここ1ヶ月の僕のデータはこんな感じ。恥ずかしいのでメモリは隠すが、食べる量そのまま、いやむしろお腹空いて多く食べてしまっても、自転車乗ってるだけで体重数キロは落ちるのは本当だ。体重管理でいい傾向が見えてくると自転車をますます乗りたくなるという点でかなり有用なジャンルのアプリだと思う。

ついでに自転車乗りに特有というわけでもないが、目的地に着いたら「foursquare」でチェックイン、写真を撮ったら「Instagram」で加工してシェアもお忘れなく。

 


■OS・設定

iOS5になってから通知がわかりやすく管理できるのも自転車乗りにはありがたい。通知センターで設定しておけばバナーやダイアログで通知してくれるので何か通知があれば自転車を停めて確認すればいい。ちらっと表示されるダイアログは画面を凝視していなくても気がつくのですごく便利だ。



設定としては極力バッテリーを持たすように意識したい。画面の明るさをワンタッチで呼び出せるアプリを入れて自分で調整するのもいい。無駄な機能はオフにするのも基本。




以上、自転車とiPhoneに関するレポートを終える。

念のため、最後に注意。走行中にいじったり、画面見過ぎたり、音楽を両耳ヘッドホンで聴いたり、電話したりしたらダメ。 くれぐれも安全第一で楽しんで欲しい。



ではiPhoneと一緒によいサイクリングを!

---
筆者:@yoshina

婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学


| @yoshina | 07:45 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP |
「自転車 × iPhone」 取り付け編





最近自転車にiPhoneを取り付けてみたのでレポートする。

iPhoneで自転車向けのアプリがたくさん登場しているので、そろそろフル活用したくなってきたのだ。



自転車専用のサイクルコンピューターや専用ナビの方が機能や使い勝手で優れているのは当然だが、結構なお値段になってしまうのがまず問題だ。さらに、仮にそれをつけたとしても僕の場合iPhoneを持たずにすむわけではないので、できればiPhone一台ですませる方がエレガントだ。荷物を極力持ちたくないロードバイク乗りとしては、いままでレースジャージの背中のポケットに入れていたiPhoneを自転車に固定できるだけでも背中の荷物が減ってメリットがあると思った。

 
(自転車専用のナビやサイコン)

ということで、今回はまず取り付けについて。




■マウント

まず、自転車にiPhoneを取り付けるマウントと呼ばれる固定器具を準備する必要がある。たくさんのメーカーが様々なマウントをリリースしているので迷ってしまう。

 

 

が、今回はとにかくiPhoneが外れて落下しないこと、外部バッテリーも必要に応じてつなげること、防水機能は雨では使わないので無視、という観点で選んでみた。
結果、「IBERA iPod&iPhoneパック」というマウントと革風ケースのセットの製品になった。この製品の売りは、落下事故報告がほとんどないという点。逆に他の製品ではAmazonのレビューや2ちゃんの自転車板を見る限り必ず落下報告が上がっているのだった。見た目は微妙だけど、僕の要求を満たすマウントだったし、何より安いのでこれをぽちったのだった。

IBERA iPod&iPhoneパック ステム用


IBERA iPod&iPhoneパック ボトルケージマウント対応


また、僕の場合は通勤用のママチャリと、週末用のロードバイクのために載せ替える必要もあったのでアタッチメントをさらに追加して購入。これで常にiPhoneを自転車にマウントできるようになった。



ケース自体はiPhone4ピッタリサイズで純正バンパーやカバーをつけていると入らない。大人しく裸のままケースに収納しよう。万が一マウントから外れて落下してもiPhoneが壊れるような感じはしない。マウントが不安という場合はストラップを付けて自転車に繋げておくと安心かもしれないが、僕はそこまでやってない。多分平気だと思われる。



ちなみにこの製品、液晶画面の上にカバーのように透明のシートがかかっているのだが、タッチの反応がイマイチになるし、外の光の映り込みが気になるので、カッターで切り取って使っている。また、背面にはカメラのレンズを覆ってしまう構造なのでここもハサミで切り取って撮影もできるようにカスタムした。前面の調光センサーの部分も隠れてしまうためここみ穴をあけるのもありだ。なんとも手間のかかるカバーだね。などと偉そうに書いて見たが、これもネットの利用者の声で定番となっている改造なのだ。ま、そんなに高いものじゃないのでためらわずに改造するべし。




■外部バッテリー

さて、iPhoneを無事取り付けてもまだ専用のサイクルコンピューターやナビにはない問題点が残っている。それは、iPhoneのバッテリーの持ちが悪いということだ。画面を常時オンにして、昼間に合わせた輝度で使うと2〜3時間しかもたないのだ。もちろん画面をオフにすればバッテリーは長持ちするが、せっかくマウントしたのにそれではあまり面白くない。

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー


そこで解決策としてエネループモバイルブースターなどの外部バッテリーを用意して自転車のどこかに固定する必要がでてくる。僕の場合はママチャリの時はカゴにカバンを入れているのでそこから電源を供給している。ロードバイクの時はフレームに取り付けるバッグなどを活用する必要がある。見た目が美しくないのはちょっと問題ではあるが、長時間のサイクリングでフル活用するためには仕方ない。

topeak トライバッグ


最後に注意。このマウントは防水ではないので、雨の日は使えない。突然の雨なら外すしかない。雨でも使いたい人は上からビニールを被せるか、そもそも違う防水性のある製品を探そう。




これで自転車でiPhoneを活用する環境は整ったので、次回は自転車乗りにオススメのアプリを紹介する予定。



また見てね!

---
筆者:@yoshina

婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学


| @yoshina | 06:46 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP |
TED: Ideas worth spreading





Technology+Entertainment+Design=TED




ってことで今日はTEDのお話。

そんな事より>>1よ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。



昨日、近所のTED行ったんです。TED。

そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。

で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、「ideas worth spreading」とか書いてあるんです。

もうね、アホかと。馬鹿かと。



お前らな、TEDの会員じゃないのにTEDに来てんじゃねーよ、ボケが。

年会費6,000ドルだよ、6,000ドル。

なんか親子連れとかもいるし。一家4人でTEDか。おめでてーな。

よーしパパTEDプライズとっちゃうぞー、とか言ってるの。

もう見てらんない。

お前らな、年会費6,000ドル払うからその席空けろと。

TEDってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。

Uの字テーブルの向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。

で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、「TEDxTokyo」とか言ってるんです。

そこでまたぶち切れですよ。

あのな、「TEDxTokyo」なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。

得意げな顔して何が、「TEDxTokyo」だ。

お前は本当に「TEDxTokyo」に行きたいのかと問いたい。

問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。



お前、「TEDxTokyo」って言いたいだけちゃうんかと。

TED通の俺から言わせてもらえば今、TED通の間での最新流行はやっぱり、「TEDxTohoku」これだね。

2011年10月30日の「TEDxTohoku」。

これが通の頼み方。

Tohokuってのは震災後、復興を目的としたプロジェクに焦点を当てる。

で、それに「持続可能」「自然との共生」「伝統の尊重」。

これ最強。しかしこれを頼むと次からTEDxSeedsにマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。

素人にはお薦め出来ない。



まあお前らド素人は、ネットでTEDトークでも見てなさいってこった。


今更ながらTED(てど)を紹介したくなったのは、もうすぐ東北でTEDxTohokuが開催されるから。行ける人は是非。東北から世界に問いかけたい15のストーリーが聞ける模様。



そもそもTEDってなんなの?って人はwikipediaをどうぞ。一言でいえば、「ideas worth spreading (広める価値のあるアイデア)」をスローガンに著名人がナイスなプレゼンを見せてくれるイベント。



TEDカンファレンス/TEDグローバルは実際に行くのが一番いいと思われるが、社会人ではなかなか時間も作りにくい。そこで、オンラインで過去のプレゼンテーション動画を無料視聴可能なTEDトークがオススメだ。

 TEDトーク(英語) TEDトーク(日本語)

徐々に動画が追加されていくのだが、既に過去の名トークがストックされまくっているのでボリューム十分。世界のトップクラスの人間が最先端のアイディアを最高のプレゼンテーションで見せてくれる。時間も5分〜20分ぐらいと短めでちょっとした息抜きにも最高だ。



僕の場合、気に入った動画を英語字幕にしたり日本語字幕にしたりして何度もヘビロテして楽しんでいる。まさにネ申コンテンツと呼ぶに相応しいネットサービスだと思う。もちろんというか、iPhone/iPadのネイティブアプリもあるからそちらでモバイルしながらTEDるのもいい感じである。

ということで、まだTEDってない人は是非チェキラ。

なお当原稿の冒頭は有名な吉野家テンプレを利用した。わからない人はスルーおk。

じゃ、また来月。

---

筆者:@yoshina

婚活 / カラコン / 仕事探し
英会話 / スマホデコメ / スマホ壁紙
性格診断 / アダルト / 出会い
子役 / 派遣 / 健康 / 医学


| @yoshina | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
乗ろうよロードバイクの巻





Colnago arte 105
 以前の愛車Colnago Arte 105

以前も自転車について書いたけど、まだ飽きることなく自転車にはまってるので続編を書くことにする。


 今の愛車Colnago C40 B-Stay

先日、また新たにロードバイクのフレームを衝動買いしてしまい、自転車熱加速中なのだった。いままで乗っていたアルミ+カーボンバックのフレームからフルカーボンのフレームにしたのだ。これがもう、死ぬほどカッコよくて本当にやばい。イタリアの老舗メーカーが作った、ロードレース史上最多の勝利数を上げた名フレーム。最新レースフレームではないけれど、ペダルを踏んだ時のバネ感、しっとりした乗り心地、ブレーキング時の安心感は健在。古い雰囲気の細身のラグつなぎのホリゾンタルフレームに萌える。職人による手作業のペイントワーク、アートすぎる。乗ってよし、乗らずに眺めてもまたよし。とにもかくにも創業者、エルネスト・コルナゴ氏の心意気を感じて、たまらない気持ちになる自転車なのであった。変態?


 うっとり・・・

さて、それはさておき。
いい歳して、自転車?って思う人がほとんどだと思う。

実際、普通に生活していると自転車って、子供の頃の移動手段、もしくは近所に買い物行く時にママさんが乗る乗り物、ぐらいにしか思わないだろう。しかし、最近のスポーツ自転車っていうか、ロードバイクに乗ってみると印象は大きく変わる。運動に無縁だった僕でさえ100km以上は走れてしまうのだ。これって地図でみると結構な距離で、自走前提で往復考えて50km圏内としても結構なところまでいけるということだ。東京からであれば近接する県まで余裕でカバーできる。帰りは電車に持ちこむ輪行をすれば100km先まで行けてしまう。100kmともなれば距離感は日帰りドライブのノリに近く、人力だけの自転車としては予想外のパフォーマンスといえるのではないだろうか。

先日、所属している広告系自転車部の仲間で、川崎集合で三浦半島まで自走してマグロ丼を食べて輪行して帰るというイベントがあったのだが、地図でみるととんでもない。


 そうそう、このルートラボは非常に出来がいい。

普通にドライブな感じでトータル120kmぐらい走ってる。でも、茨城から川崎集合場所まで自走、三浦半島から茨城まで再び自走で帰って270km走行したツワモノもいたりと、ロードバイク乗りの距離感の壊れ方はハンパじゃない。


 サイクリングの様子 Photo by ken5

普通のママチャリというか軽快車しか乗ったことがない人には想像もつかないだろうけど、ロードバイクは競技に特化しているだけに、よく走る。走りに余計なものがついてないから軽い。軽量な素材で作られていることもあり、車重は7〜9kgが標準的で、ママチャリよりも10kgは軽い。タイヤは2.5cmちょっとと細く抵抗感が少ない。サドルも細くて硬いけど足を回しやすい。ギヤも前後わせて20段変速以上もあるため、ギヤ比をあわせやすい。ドロップハンドルで姿勢をいろいろととれるので疲れにくい。これらの相乗効果でアスリートでなくてもその恩恵を受けることができるのだ。もちろん、普通の人がプロのロードレースのペースで走れるわけはないけど、25〜30km/h巡行や最高速50km/hなどはすぐに可能になる速度域だと思う。そしてランニングじゃ10kmでうんざりな僕でもロードバイクなら100km以上走れるのだ。

ロードバイクのいいことばかり書いてしまったが、デメリットもあるので一応ふれておく。まず、価格が高い。エントリーモデルのアルミフレームの完成車で5万円以上。ミドルクラスのカーボンフレームで20万円以上。ハイエンドの、それこそツールドフランスに出てるような車両で100〜200万円ぐらいだ。どんなに安くてもママチャリが1万円程度と考えている人にはキツい価格だと思う。僕も最初は自転車が二桁万円、三桁万円とか意味不明とか思っていた。でも今や、車なら数億円もするF1クラスのロードバイクが150万円ぐらいで買えるのだから安いかも?などと麻痺してきている。実際、僕の身の回りの自転車仲間を見てみると、だいたい10〜20万円前後のエントリーモデルが5割、20〜40万円前後のミドルモデルが4割、それ以上のハイエンドモデルが1割みたいな分布になっている。またウェア、グローブ、サングラス、シューズ、ヘルメット、ちょっとした工具などにもお金がかかる。 普通に揃えればママチャリが何台買えてしまうぐらいの出費になる。


 当社T氏のColnago EPS。2桁万円では買えないレベル。

さらにこの値段の高さゆえ、盗難には気をつけなければならないのもデメリットだ。目的地で気軽に自転車を離れて遊ぶといったことは現実的ではない。 鍵をつけたって盗難されてしまう可能性はゼロにはならない。また、ウェアやヘルメット、シューズも競技用そのものなので観光地で遊ぶのはそもそも厳しいのだ。

デメリットはこんなものだろうか。結局、イニシャルコストさえ我慢できればいいだけの話である。一度買ってしまえばランニングコストは低い。基本コンビニで飲み物を買うぐらいだ。 あとは年に1回タイヤを買うかどうかぐらいだろう。

ということで、 ちょっと運動したいなーとか、何か新しいことにチャレンジしたいという人には是非オススメしたい趣味である。ちょっと貯金すればできなくはないでしょ?ってことで 別に自転車業界の回し者ではないけど検討して欲しいと思う。買ったらみんなで走ろうよ。 サイクリング中の景色は最高だよ。走った後の食べ物も美味しく感じるよ。達成感味わえるよ、ほんとに。



そうそう、 今度11/27開催予定の「ふじのくにCYCLE FES. 2011 in 新東名」 の100kmサイクリングに仲間とともにエントリーした。開通前の新東名高速を走れ機会なんてもう二度とないので無事完走できるようゆるゆると頑張りたい。チャリティーも兼ねてるので自転車を持ってる人はいますぐエントリーを。



最後にいつもお世話になってる広告系自転車部を紹介しておく。

広告系自転車部(要facebookアカウント)

2009年9月頃にTwitter上で自転車好きの広告業界周辺の人たちが集まって発足し、現在はfacebookのグループとしてのオンラインでの活動、オフラインで飲み会、サイクリングを中心とした活動を行っている。メンバーは広告代理店、広告制作、広告配信、マーケティング会社など広告関係が中心。

実際のfacebook上のコミュニケーションは広告の話より自転車の話が多い。○○さんがまた新しいフレームを買ったとかあのホイールがどうたらこうたらとか、ジロデイタリアが開幕しただの、電動DuraAceがいいよね、など単なる自転車オタクの会話であり、広告業界と一見無縁ではあるが、そこはマーケティングの最先端を走る集団であり、ソーシャルメディアをリアルに活用することで実務でも有益な・・・以下略。

当ブログの読者は広告業界の人が多いと思うので、その中で自転車に興味がある方は是非加入をお勧めしたい。会費はもちろん無料。ただし、非公開グループで既存メンバーの招待が必要なので、 興味のある人はまずは僕宛に連絡を。

---
筆者:@yoshina


| @yoshina | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
【SOUL】さようなら!ダンステリアの巻【DISCO】







ソウルミュージアム「ダンステリア」(通称ダンテリ)というお店をご存知だろうか。

白金にあった老舗のディスコで、創業1984年から流行にとらわれることなく、ひたすらソウルミュージックを流し、客は曲に合わせてステップを踏むというスタイルのお店だ。今時の若者が行くクラブとは客層も異なり、若者だけでなく往年の紳士淑女も集まっている。80年代のオープン当時から既に古めの60年代、70年代のソウルミュージックをかけていたことで、昔遊んでた大人がここぞとばかりに集まっていたそうだ。ソウルステップ界の有名ダンサー、ニック岡井氏、江守アイ氏なども参加することでソウル系ディスコの総本山として、この世界で知らぬ者のいないお店となっていた。



そのダンステリアが2011年6月27日に閉店し27年間の歴史に幕を閉じた。



私を含む当社のボードメンバーは創業前、外資系サラリーマンだった頃、毎週のようにこのダンステリアに通っていた。当時の曲を知らないとお話にならないし、その曲に合わせて踊れないとかっこ悪い。なので練習すべくはまっていたのだった。



何百もあるステップにはソウル・チャチャ、バスストップ、ポップコーンセブンといった名前がついており、曲に合わせたステップが決まっている。地域によってステップには微妙な違いがあり、さらに上級者はアレンジして見せ場を作ったりする。まずは基本ができるようになりたいと思いみんなで練習した。完全に部活レベルだった気がする。

たとえばフリチャチャというステップはこんな感じに練習するのだ。



このステップというのは集団で同じ動きをするという点において、日本の文化でいうと盆踊りが近いかもしれない。いや、普通にパラパラとかその後のフロアミュージックにもその傾向は見られなくもないか。とにかくフロアでの一体感たるや並のディスコでは味わえない奥が深いものだったのだ。



とかいいつつ、普通にダンクラがかかるキサナドゥといった古めのディスコにもハマってたけどもね。ポリシーないね。



そんなこんなでダンステリアに通っていた我々が社名を「サーチテリア」としたのはある意味自然な流れであった。よく「社名に含まれる「テリア」は犬のテリア種のことですか?」と聞かれるが、そうではない。このダンステリアを意識してつけたものなのだ。もっともダンステリアでは普通に通じるわけもなく、「カフェテリアのテリア、場所とか、◯◯屋さんみたいな意味ですよ。つまりサーチ屋さんです。」と説明している。他にもテリアの意味や由来についてはいろいろな説があるので興味がある人はググっていただきたい。

ちなみに、このブログのデザインがディスコ調なのもダンステリアへのリスペクトからなのだった。

ダンステリアを立ち上げたのは故ドン勝本師匠。生前いろいろなステップを教えていただいたことを思い出す。・・・難しいステップはさっぱり忘れてしまったけれども。ドン師匠は日本の初期ディスコ文化の生き字引みたいな人で、踊ってる姿は本当に粋で乙なものだった。ダンサー、振付師、プロデューサーとソウルミュージックへの貢献は計り知れないと思う。2007年4月19日、57歳の若さで亡くなられたと聞いてその日はソウルミュージックばかり聞いて過ごしたものだ。



ドン師匠はかのジェームス・ブラウンとも親交が熱かったことでも有名だった。ソウル界の神様、JBからブラザーと認められていたそうだ。当時のダンステリアでJBの衣装が飾られていたっけ。そのJBも今は亡き人。JB最後の来日ライブに行ったこともいまではいい思い出だ。

いつか、ドン師匠の息子さんがお店を再開し、JBのセックスマシーンを大音量で聞ける日がくることを願わずにはいられない。



そんなことを考えながら、地元のソウルバー、BAR RUFUSさんでソウルミュージック聞きながらこの原稿を書き上げたのであった。

では、また!


ソウル・ディスコ・ダンスのすべて [大型本]

---
筆者:@yoshina


| @yoshina | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
【Awesome】turntable.fmで日本人初ゴリラDJになったけど何か質問ある?【Lame】





ここ数週間、米国発のturntable.fmに最近どっぷりはまっていた。サービス開始1カ月で14万人のユーザーを集めたという今一番注目のオンライン音楽サービスである。



もちろん私もこのブログの原稿のネタにするために、仕事として取り組んでいた。やる以上、トップを目指すべく精進し、狙い通り日本初の1,000DJポイントを達成! ウホッこりゃいい原稿が書けそうだ、と一人密かに喜んでいたところ、6/25に突然、アメリカ以外の国からのアクセスが遮断されるようになってしまった。遮断理由は当初から想定の範囲内だったライセンスの問題であった。いつかはこんな日が来るかとは思ってはいたものの、まさか原稿を書きあげる直前にこんなことになるとは・・・正直キツい。原稿ほとんど書き直しじゃん。



さて。気を取り直してturntable.fmを紹介していこう。過去形で解説するのも何だが、turntable.fmとはオンラインでDJプレイが楽しめるサービスだった。以前紹介したDOMMUNEもオンラインの箱ではあるが、フロアで楽しむだけではなく、誰もがDJブースに立って楽しめる点が画期的だった。

twitter、foursquare、Instagramと同じようにサービスインからすぐに大物になる予感がただよっており、すでに日本人にも熱狂的なファンがついていた。



思い返せば、自分がチョイスした曲を仲間と共有しながらチャットがものすごく楽しかった。さまざまなソーシャルメディアやサービスを使ってきた私だが、このturntable.fmほど新たに友達が増えたサービスは類を見ないと断言できる。その場にいるみんなでプレイされている音楽について語り合い、その話を受けて次のDJがまた空気を読みながら次の曲をプレイして行く。言葉にしてしてしまうと面白く感じないかもしれないが、そこに確かに新しいソーシャルな音楽体験があったのだ。



リアルなDJの経験はない私でも、プレイを楽しむことができたし、フロアにいるみんなも楽しんでもらえたと実感できた。というのもプレイ中にいいね(Awesome!)されると、画面上のDJポイントが1ポイントずつ上昇するのがわかるのだ。逆にだめだこりゃ(Lame!)されると1ポイント減少する。Awesome!ボタンを押すとアバターがゆらゆら動きだすので、フロアが盛り上がっているかどうかも一目瞭然。変な曲かけて外してしまった場合、ゆらゆらされないどころか、Lame!ボタンを押される。Lameされすぎると次のDJに曲が移ってしまうという仕組だ。



そしてAwesomeされた数=DJポイントが増えてくるとフロアにいるときのアバターを変えることができるのだ。



100、300、600、1,000ポイントを区切りにしてアバターの選択肢が広がるので、向上心のあるDJは1,000ポイントを目指してひたすらネタ曲を仕入れてプレイし続けた。もちろんDJをやらずにフロアで楽しむだけでも十分楽しいのだけれども。



凝り性の私はプロのDJ用のヘッドホンまで用意して夜な夜な通いつめていた。turntable.fmの中の人tony.emとも親睦を深めたし、いつでもどこでもDJできるようにiPadでFlashを視聴できるようにしてひたすら皿回しを続けた。外人のリスナーも数多く登場したが、音楽は言語の壁を超える。片言の英語でもコミュニケーションできる。全くno problemであった。(と思いたい。)さらにヘビーユーザー同士でfacebook上のグループで随時情報交換を行いつつ、頂点を目指す日々だった。
あ、もちろん、すべてはこのブログの原稿のためである。いやあ、自分でいうのもなんだが、実に仕事熱心な私であった。

米国外アクセス遮断後のturntable.fmは、「なるはやで米国以外からもサービスを再開できるように頑張るよ」とのCEOからのコメントが発表されているものの、同じように米国外からのアクセスを排除したPandraと同じように再開できないまま数年の月日が流れてしまうのではないかと個人的には危惧している。Pandraの話についてはここここが参考になるが、同じ運命を辿るのであれば絶望的である。やれやれ。

こういったサービスを日本で利用できないことは、結果的には将来の日本の音楽業界の首を絞めていると感じる。こんなことを続けていたら若者の音楽離れが進んでしまうよ。企業としてコンプライアンス重視の姿勢は当然なのでturntable.fmに非はない。turntable.fmが契約しているパートナーのMediaNetを見ればわかるが、合法的に米国内の主要レーベルの音楽が聴けたのだ。リアルなDJのやってることとなんらかわらないことをしているだけなのだから、日本のレコード会社やJASRACにも柔軟な対応ができないものか考えてほしいものである。



愚痴っぽくなってしまったが、現在でも日本人のturntable.fmユーザーは絶滅してしまったわけではない。米国からアクセスすればいいだけの話であり、きっと米国へ出張や旅行していると思われる(謎)日本人DJが夜な夜な出没し、遮断前と変わらぬ盛況ぶりを見せているという。むしろいままでよりもより一層の連帯感を感じながら盛り上がってるらしい。turntable.fmで「君が代」をプレイするアメリカ在住日本人DJまでいると聞いているが、まったく天晴れかつ万歳である。



せっかく盛り上がった国内turntable.fmプレイヤーで同窓会的にオフラインでのリアルクラブイベントの開催もfacebookグループで検討が始まっている。また日本でのサービス再開について何か手伝えることはないかまじめに考えて提案してこうという動きもあるため、微力ながら協力していくつもりだ。

・・・ってほど「turntable.fmは面白かったんだよ!」ということで今回のレポートを終える。

以下、付記として、「第一次turntable.fmブーム」の祭の流れをまとめておいたので興味のある方は参考にされたし。
■5/21 日本でturntable.fmが紹介される

海外ニュースではちらほら話題にあがっていたが、ついにTechCrunchが日本語記事を公開。

TechCrunch Japan / 仮想ディスコでDJ合戦–Turntable.fmは早くもシリコンバレーのセレブたちの人気スポット


■6/9〜 日本人ユーザー増加へ

ロックの日、というのも何か縁があるのかわからないけれど、またまたTechCrunchで紹介される。この記事で興味を持った日本人は多いと思われる。

TechCrunch Japan / Twitter以来久々の大物やみつきニューフェース: Turntable.fm

私も始めたのはこの日からである。実際この日を境に始めたという人が私の周りに多く、紹介がひろがり、日本人ユーザーが加速度的に増えていった。

同時にこれらの記事も祭を盛り上げていた。

IDEA*IDEA / turntable.fmを始めたら5秒で恋に落ちた件

ホームページを作る人のネタ帳 / 夜作業のWeb制作も楽しくなるturntableが今、熱い


■6/10〜 著作権についての議論

はやくもこの時点でビジネスモデルと著作権についての考察が始まっていたことも興味深い。

Turntable.fmの登場と評価、考えなければならないこと

その後もこのテーマは掘り下げられて語られている。

technophobia / turntableの著作権

Green Sound from Glasgow / turntable.fm、アメリカ国外からのアクセスを遮断


■6/11〜 入場規制の問題も発生

あまりに急増するユーザーに、turntable.fm側で入場制限がはじまった。新規ユーザーは何日か待たねばならない状態がしばらく続くことになった。


■6/12〜 日本人向けの部屋が増加

ゆらゆら部屋、東京ヌーンアワー部屋、fladdict-neta部屋など日本人による日本人向けの部屋が定着していった。ほぼいつでもこれらの部屋には日本人がいるという状態になっていく。


■6/17〜 日本人の1,000ポイントオーバーDJ登場へ

DJ yoshinaが日本人初ゴリラDJへ。(って自分で言うなw)
この日を境に日本人ゴリラDJが増殖していく。
現時点で10名程度が1,000ポイントオーバーしたと思われる。


■6/18〜 日本人向けfacebookグループ登場

facebookのグループ「turntable.fm(japan)」で、日本人向けの情報がやりとりされるようになる。このグループは承認制なので興味がある方はお知らせいただきたい。


■6/19〜 しめじ祭など日本独自文化形成

アバターを統一して楽しむ日本特有のフロアパフォーマンスが流行。ピーマン畑になってみたり、オレンジ畑になったり・・・様々なトレンドを産み出した。




■6/25〜 R.I.P.MJイベント開催

マイケル・ジャックソンの命日に、彼を追悼するイベントが日本人の手により開催される。国籍問わず多数の参加者を集め大盛況となった。しかし図らずも日本人主催の最初で最後のオンラインイベントとなってしまった。


■6/26 1:00 米国以外からのアクセスを遮断開始

予告なく米国以外からのアクセスが遮断され、日本も例外ではなくアクセスは不可能となった。もちろん米国外のturntablerがパニックに。turntable.fmのCEOや管理人のtwitterアカウントには早期再開を望む声が溢れた。




■6/26〜 現在に至る

アクセス遮断に対する様々なソリューションが編み出されるがむにゃむにゃ・・・、各自、米国に行ってアクセスされたし。

以上、ご拝読感謝。

p.s. 最後にここで知り合ったすべてのDJに感謝。(゚∀゚)o彡゜DJ! DJ!

---
筆者:@yoshina


| @yoshina | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
【渋谷で】宮下公園クライミングウォール!【ボルダリング】





 なぜ、あなたはエベレストを目指すのか?
  Why do you climb Mt. Everest?

    そこに山があるから
    Because it is there.


      −−− ジョージ・マロリー
          George Herbert Leigh Mallory


38677-Everest


さて。今回は当社の所在地、渋谷に新たな登場したクライミングスポットを紹介したい。



宮下公園クライミングウォール

渋谷の宮下公園が2011年4月30日にリニューアルしたのだが、そこに屋外のクライミングウォールが登場したのだ。フリークライミングの一種、ボルダリングが楽しめる施設で、ホールドと呼ばれる足場が無数に取り付けられた壁だ。やったことがない人でも見たことぐらいはあるんじゃないだろうか。

利用料金は2時間で350円と格安。入会金その他は一切不要。シューズはレンタルで200円。これでロッカーもシャワーも更衣室もあるのだから文句なしだ。

オフィスから歩いて数分なので当社のボルダリング部全員で昼休みに下見がてら取材をしてきたのだった。食事はコンビニで買い込んでさっさとすませて、食後の壁登りだ。近くに工事中のヒカリエが見えるほど渋谷駅の近くで、こんな遊びができるのはかなり贅沢な気分である。いや、遊びではなくこのブログのネタにするための仕事であった。



まずはレンタルした独特なクライミング用シューズを履こう。普通に歩くには不便すぎる特殊な靴である。まったくアーチ部分がしならないし、底は硬いゴムでクッション性は皆無。それを基本的にきつめにして足場にグリップさせるように登るのだ。登り疲れたら脱ぎたくなる程、窮屈なのだが普通の靴ではまぁ登れないから仕方ない。

服装は本格的な専用ウェアな人もいるが、ほとんどの人は膝下ぐらいまでの短パンにTシャツ。運動しやすければなんでもいいのだと思う。といっても露出狂でない一般の女子についてはスカートだと厳しいと思われる。私は今回は会社からそのまま着替えずにポロシャツとカーゴパンツ姿である。ちなみにオレンジ色のゼッケンのついたメッシュの服は無料貸し出しされるので着用しよう。

他に使う物といったらチョークだろうか。登る前に手にパタパタするとそれらしい雰囲気がでる、かもしれない。



さて、登りますか。
・・・そこに山があるから。

ウォールにはカラフルなホールドが設置されているが、その全てを自由に使っていいわけではない。もし、全部使っていいなら初心者の私だって、たかが数メートルの壁を登るのは楽勝である。ホールドの使い方にルールがあるのだ。



ウォールにはよく見ると設定されたコースごとに印がつけられていて、その印のついたところだけを使ってスタート(S印)からゴール(G印)までたどりつかねばならないのだ。最後のポイントになるホールドを両手で掴めればクリアーである。例えば、上記写真でいうと、黄色い十字だけを使って登っていく、といった具合だ。

細かくグレード分けされていて、初心者は8級から登ってみて、クリアーできたら7級にチャレンジという形でどんどん上を目指していく。このウォールは2級まで設定されていたが、まぁ私のようなニワカクライマーには到底到達できる気がしないレベルだ。

世界的なトップクライマーの平山ユージ氏のボルダリングを参考までに。



やたらと簡単に見えるが、こんな芸術的なクライミングスタイルは神の領域だと思う。

上級になればなるほどホールドの形状が掴みづらかったり、離れていたり、とにかく意地悪な設定になっていて、マヂむかつくw 逆にクリアーできるとうれしいと感じるので、それなりによくできた設定だと思われる。8〜7級ぐらいが初心者の入門用で、初段ぐらいで上級者の入り口らしい。



ちなみに腕力がない女性には無理かと言えば全然そんなことはない。むしろ、すいすい登っていく女性も多い。体力ではなく、頭を使って、如何に無理なく登れるかを事前に壁の前で考えることが重要なのだ。いざ、壁に登っていると次どこに手を持っていくんだっけ?って考え込んでいるうちに体力を失って落下してしまう。

そんなこんなで一番簡単なグレードから何本か登ってボルダリングを十分満喫した。15分のボルダリングで30分のランニングに相当するカロリー消費と聞かされたがなるほど、終わった後には心地よい疲労感がある。そして翌日、筋肉痛だ。なんで歳とると後で筋肉痛になるのだろうか。握力がなくなるし、背筋など普段酷使しない筋肉が疲労しているのがわかる。でもまた登りたいなと思うのであった。そこに山があるから。



こちらはロープつなげて登るロープクライミング用のウォール。審査を受けて「宮下公園ロープクライミング認定証」がある人だけが使えるそうなので、本格的な人はこちらでより高みを目指してほしい。

重要な営業時間について報告するのを忘れていた。基本9時〜22時なのだが、当面の間、節電のため18時までの営業となっていた。つまり普通の社会人の読者各位は平日の夜には利用できないということになる。

でも、大丈夫。渋谷には夜も登れる屋内ボルダリング施設が別にあるから。
そこに山があるから!(しつこい)

ボルダリング・スタジオ PEKIPEKI



明治通り沿いでこちらは全天候型で壁の数も多い。トレーニングも受けられるため初心者も気軽に体験するならばこちらのほうが敷居は低いかもしれない。夜は結構混んでいるが、初心者コースは空いているのでじっくり練習するにはおすすめだ。逆に中級者以上は結構待つこともあるかもしれない。気になるお値段は、初期費用1,000円、利用料金1,800〜2,500円、レンタルシューズ200円、靴下200円。宮下公園と比べてしまうと高い気がするが、夜たっぷり利用するにはいいと思う。飲み会一回を我慢すれば一晩楽しめるのだから。


クライミング気分を盛り上がるべく、オススメの漫画を紹介しておく。
石塚 真一氏の「岳 みんなの山」



山岳救助ボランティア隊員を主人公にした漫画で、簡単にいうと山版の海猿だ・・・つまり山猿?それはさておき、山の素晴らしさと怖さを同時に伝える良作である。人間ドラマとしてもレベルが高く山に興味がない人にもオススメできる。実際、マンガ大賞2008、平成20年度小学館漫画賞一般向け部門を同時受賞した名作だ。ただ、これ読んで山に行きたくなるかといえば、それは人それぞれだろう。私はいやだなぁ。死にそうだもの。興味を持った方は、小学館コミック -ビッグスリーネットで無料でちょい読みできるので是非。

なおマンガだけでなく、実写映画化もされ、2011年5月に公開されている。いま登山が熱い!ってことなのだと思われる。




先に紹介した、平山ユージ氏によるホンモノのクライミング動画を紹介。ボルダリングの最終ゴールはこういうスタイルだ。




とりあえず人生には様々な山や壁がでてくるわけだけが、身体使って、頭使って乗り越えるしかないよねってことなのだ。・・・なにこの無理やりなまとめかた。


以上で今回のレポートを終える。

拝読感謝。


---
筆者:@yoshina


| @yoshina | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
ADs
 iTunes Store(Japan)
オススメAPP
IT・ビジネスなどに関する厳選した最新ニュースを毎日お届けします。 無料ですのでマーケットからダウンロード(iPhone / android)して、是非お試しください。




オススメ♪
PROFILE

LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS